石の世界1  1 >  >  >  >  

石の世界・1  (No.1
カメラを構えて石に接近していくと、思わぬ世界が見えてくる……。
石の世界の右も左もわからなかったKUROが、カメラを片手に乗り込んだ
石の世界の写真記録。どうぞご覧下さい。

ガラスの海
メキシコ産スケルタル水晶を下からライトアップしました。
波うちながら凍り付き、永遠に動かない光の海のよう。
きらめき
ロシアのダルネゴルスクの緑水晶の先端部分。
光の加減で鱗のように輝く。
スター・ストーン 1
ダルネゴルスクのソロバン型水晶。LEDのペンライトとデジカメのホワイトバランスのトリックで、青白く輝く石に。
タイトルはSFの「ダーコーヴァ」
(マリオン・ジマー・ブラッドリー著)に登場するマトリクス水晶の別名。
ゲイトウェイ・クリスタル
ハーキマー・ダイヤモンドタイプの中国産DT水晶。1.4cmほどの小さな石のファセットに見つけた、小さな小さな鍵穴。
デジカメとルーペで根性のマクロ撮影。
星の炎 1
一見地味なフローライトのクラックに光をあてたら……。炎のような、星雲のような不思議な光景が現れた。
黄金の灯火(ともしび)
ガネーシュ・ヒマール産ヒマラヤ水晶。
光に透かせば黄色というより金色。
表面だけが色づいているようだが、いったい何の色なのだろう?
スター・ストーン 2
ロシアのダルネゴルスクのソロバン型水晶を先端方向から。
六芒星のシルエットが半分見える。
星の炎 2
フローライトの丸のをクラックをアップで。
見ていて飽きることがない、神秘的な美しさ。
大地の胎動
琥珀色に透けるドラバイト。おそらくチベット産。
他の色のトルマリンと違って無骨で頼もしい感じがする。
星の炎 3 
フローライトの丸玉のクラックをアップで撮影。
角度と光が変われば、同じ石が違う表情を見せる。
光のない地中で生まれた石が見せる不思議。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO