石の世界3  1 >  >  >  >  

石の世界・3  (No.1)
カメラを構えて石に接近していくと、思わぬ世界が見えてくる……。
石の世界の右も左もわからなかったKUROが、カメラを片手に乗り込んだ
石の世界の写真記録。どうぞご覧下さい。

光つどいて
「蝕」と同じ、ヘマタイト入り水晶。光が集い、そこに浮かび上がる影。「Eclipse」という言葉を当てはめたくなる。レピドクロサイトがコロナやプロミネンスのよう。
光つどいて 2
ヘマタイト入り水晶の先端。ふつうに見ているとルチルの入ったスモーキーかと間違いそうなのに、光をあてるとあでやかに変身する。
光つどいて 3
ヘマタイト入り水晶。レピドクロサイトが乱舞する火花か、夕日に映える曼珠沙華のよう。地中で水晶が夢見た光。
緑牙
クローライト入りヒマラヤ。母岩付きで柱面の小さなポイントがとれた痕がある以外、クラスターのようにまわりにポイントが付いていた痕跡はない。この石は、長い時間を孤独に立ち続けてきたのだろうか。「自然の聖剣」というすてきなタイトルもいただいた。
大地の夢
シベリア産モリオン。やはりこれは正確にはスモーキーなのだろう。光を弾く鋭さとは裏腹に、光を受け入れ琥珀に透ける。この写真をじっと見ていると、なぜか揺らめいているように見える。
冬の朝 1
ヘマタイトと共生する水晶。ヘマタイトの黒と水晶の白。色と質感、そして光の見事なコントラスト。
冬の朝 2
ヘマタイトと共生する水晶。半透明の水晶が、まるで霜柱のよう。繊細な白さは、ちょっとした光の加減で影を失う。
光の涙
「山の精髄」と同じヒマラヤ。光の反射がにじんで、まるでこぼれ落ちる涙のよう。眠っていた山から引き離された石の悲しみ……。
白き剣
ロシアンクォーツ。シベリア産モリオンに似ているが、表面はややドゥルージー。どうやら透明な水晶の上を白い水晶が覆っているようにも見える。
星船
「太古の海の記憶」と同じヒマラヤ。命を乗せて星の海を行く箱船……、そんなイメージが浮かんだ。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO