写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

KURO'S 知恵ノートアーカイブ・1
Yahooの知恵ノートに載せた内容をこちらでも。

ブレスレットは、右? 左?

パワーストーンのブレスレットは右にはめるのが良いか、それとも左かという質問を何度も見かけるので、まとめてみました。

●右説
 (右手の持つ意味・右手にはめるとよいといわれる理由、ケース)
◇顕在意識
◇現実を創造する、行動する、実力発揮
◇左脳につながるので、現実的な方面を担当
◇金運、仕事運、プレゼン、告白、試験、実らせたい具体的な恋愛
◇現実的な変化を望むとき
◇自らの力を相手に伝えたいとき、石の力を外へ発したいとき
◇石のパワーを発揮させるために個性的な石を右手に
◇1種類ブレスあるいは一種類の石のパワーをメインにしたブレス
◇タイガーアイのブレスは右 ※普段は左でここぞというときは右にという説もあり
●左説
 (左手の持つ意味・左手にはめるとよいといわれる理由、ケース)
◇(エネルギーの)吸収
◇潜在意識
◇インスピレーションを得る。 内面的な援護が欲しい
◇右脳につながるので、精神的な方面を担当
◇恋愛運、健康運、対人関係、お守り 自信を持ちたい、心豊かな生活
◇メンタル(精神的)な変化を望むとき
◇石の力に護って欲しいとき、石の力を内に取り込みたいとき
◇霊的な影響を防ぐために左手に水晶やムーンストーン
◇複数の石を組み合わせたブレス
◇石を組み合わせて複合的なパワーを意図したブレス
◇水晶や全体運のブレス


これに加えて、左利きや男性女性では逆になるという説明もみかけます。

……と、右、左にはいろいろな説があるようです。
しかし、
これだけいろいろな説があるということは、ブレスレットをはめる手が右か左かどちらかに決まっているわけではないという証拠ではないでしょうか。

右、左どちらかが正しくて他方が間違っているならば、パワーストーンがブームになってすでに何年もたっているのですから、間違った説明は「あれは間違い」と言われて消え去っているはずです。

個人的には、自分の着けたい方、着けていて邪魔にならない方をお勧めします。
「右と言われたから右にしたけど邪魔……」と思っていたのでは、意味がないと思います。

ブレスレットを右左着け替えるのは簡単なのですから、気分によって替えてもいいでしょう。
いろいろ試しながら自分と石のバランスを探ってみてはいかがでしょうか。
あなたのこともあなたの石のことも知らない他人の意見に従うよりも、自分の感覚に従った方がいいと思います。

どちらが正解と決まっているわけではないということは、間違いもありません。
右左間違えたからと言って、石がどうにかなってしまい、二度と元に戻らないというものでもありません。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO