フレームが表示されていない場合は雑学辞典TOP→左メニュー「石の雑学メモ」→フォルス・ネーム

有名な石のお名前拝借!

「フォルス・ネーム」
というのがあります。
商品名と言いますか、高価な石に似ているからお名前拝借と言いますか、
訳してみれば、要するに「○○風」。
要するに、見かけが何となく似てるかも、というだけで、全く別の石に「○○翡翠」とか付いちゃっています。
知っていれば問題ありませんが、知らないとちょっぴり誤解のもと。

ここでは、主にヒーリング分野以外で伝統的(?)に用いられている名前をメモしてみます。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。

石の名前 正式名、その他情報
○○ジェイド ジェイド=翡翠と解釈されることが多いですが、ビーズなどの「○○ジェイド」は翡翠というより「玉(ぎょく)」の意味であることが多いです。
そのため、中国で加工され「玉(ぎょく)」という意味で「○○ジェイド」の名前がつけられらものを、日本の側が翡翠と解釈してしまい、痕で「翡翠じゃない!偽物だ!」と勝手に偽物偽物扱いしていたり、ジェイドだから翡翠だろ、と勝手に翡翠の説明を付けている場合が多いような気がします。
詳しくはこちら
○○ジェイド
○○翡翠


↓ジェダイト(硬玉)

↓ネフライト(軟玉)

↓インド翡翠(名前だけ。翡翠ではない)
翡翠には大きく分けてジェダイト(硬玉)ネフライト(軟玉)があり、宝石的価値があるのはジェタイトです。(ただし、高品質のもののみ)。 くわしくはこちら

(例)以下の「翡翠」はネフライト(軟玉)
●アメリカ翡翠
●カナダ翡翠
●台湾翡翠
●中国翡翠
●ニュージーランド翡翠


以下の「翡翠」は、名前だけ翡翠の別の石
●インド翡翠……アベンチュリン
●オーストラリア翡翠……クリソプレース(アップル・グリーンのカルセドニー)
●アマゾン翡翠……アマゾナイト
●コロラド翡翠……アマゾナイト
●スイス翡翠……グリーン・ジャスパー
●朝鮮翡翠……サーペンティン(蛇紋石)
●トランスバール翡翠(南アフリカ翡翠)
        ……グロッシュラー・ガーネット
●ニュー・ジェイド……サーペンティン(蛇紋石)

●ホワイト・ジェイド……カリフォルニア産の白く半透明のグロッシュラー(ガーネットの一種)。ビーズの場合はカルセドニーやカルサイト、クォーツァイトの白いもの。

めでたくジェダイトであっても、着色されていたり、ワックスで実物以上の艶を出していたりするものも多い。
クォーツァイト(珪岩)を着色すると、鮮やかな緑色と透明感が最高級の翡翠そっくりになるらしい。

値段相応の価値を求めるのであればご注意を。
○○・ダイヤモンド アフリカ・ダイヤモンド……無色のトパーズ
アラスカ・ダイヤモンド……無色の水晶
ハーキマー・ダイヤモンド……アメリカ・ニューヨーク州ハーキマ
                   ー・鉱山で採れる水晶
フランス・ダイヤモンド……無色のガラス
セイロン・ダイヤモンド……無色のジルコン

マタラ・ダイヤモンド……無色のジルコン

そのほか、小型で両錐、原石叙情対で照りや透明度が高い水晶に○○・ダイヤモンドという別名がつくこともある。(例:ハーキマー・ダイヤモンド)
クォーツ○○
○○クォーツ
クォーツ・サファイア、クォーツ・エメラルドなど、宝石の名前が付いていてもたぶんガラス
要するに「サファイア・ブルーの石英ガラス」

チェリー・クォーツなど、ビーズの分野にも多い。
ウォーター・サファイア アイオライトのこと。
実は正式な鉱物名は「コーディエライト」。和名は菫青石。

ゴールド・サンド・ストーン(茶金石)
ブルー・ゴールド・ストーン(紫金石)


ガラスに銅の粉末を混ぜた人工石。
ややこしいが、石英に雲母などが混じってキラキラするアベンチュリンの和名は「砂金石」といい、こちらは天然。

※最近は、ゴールド・サンド・ストーンが「砂金石」と表示されていることがあるので注意。
時には堂々とサンストーンとして売られていたり。
コンゴ・エメラルド コンゴ産のダイオプテース(翠銅鉱)  
シトリン・トパーズ 黄水晶。主にアメシストを加熱したもの。
トパーズとはもちろん別物。
 
ブラジリアン・アレキサンドライト 多色性が強いアンダリュサイト。
アレキサンドライトは光の種類(蛍光灯と白熱光など)によって色が異なって見える「変色性」の石。
アンダリュサイトやアイオライトのように見る方向によって色が異なっているのを「多色性」という。
Black Alaskan Diamond ヘマタイトのこと。
単に「ブラック・ダイヤモンド」といわれる場合もある。

通販カタログで、「ブラックダイヤモンドの輝き……」とか書かれていたアクセサリーの写真が、どう見てもヘマタイトだったので、まさか、本当にダイヤモンドだと間違える人がいやしないかとちょっと心配になった……。
ホワイト・ジェード ジェードといえば翡翠だが、ホワイトジェードの名前で売られているビーズは、カルサイトやクォーツァイト。
レモン・クリソプレース レモン色のクォーツ・マグネサイト。
クリソプレースとは別の石。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。


内容の転載・転用はご遠慮下さい。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO