フレームが表示されていない場合は雑学辞典TOP→左メニュー「浄化についての考察」→言いたい放題Q&A



浄化やチャージの方法を探していたら、あちこちで似たような質問がなされているようす。
ついでに、その質問と、それ対する答えをまとめてみました。
「これが正しい答え」ではなくて、質問に対する答えをいろいろ集めています。

さらに
KUROのツッコミ意見付き。 もちろん、これが正しいわけでもありません。
言うまでもなく同じ質問に対して答えはいろいろ。あなたはどの考えを選びますか?


浄化等の質問以外でも、あちこちで同じような質問が飛び交っていて、それに対する答えにもちょっと……なものが。
ここでいっちょ、KURO的意見! ちょっぴり
辛口でいってみます。
鉱物的視点ではなく、なるべくパワーストーン的に言ってますので、何かの
参考にしてみて下さい。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。

質問目次
読んでみたい質問をクリックしてください
 浄化のタイミングは?
 どれくらい浄化すればいい?
 願掛けやプログラミングした石を浄化してもいい?
 他人にさわられてしまいました。
 パワーストーンを買うなら、専門店?
 いろいろな方法、どれが正しいかわかりません。
 石に相性はあるのでしょうか?
 石の色が変わった、割れた……何かの前兆?
 こんな石を持っていて大丈夫?
 高い方がパワーが強い?
 100円均一の石にもパワーある?
 大きい方がパワーが強い?
 水晶一粒より二粒の方がパワーが倍?
 安かったんだけど……偽物?
 ブレスレットは右? 左?
 別の店で買った石を一緒に持っても大丈夫?
 別の産地の石を一緒に持っても大丈夫?
 本当に効果ありますか?
 悪い体験談を聞いて心配になりました。
 この石なんですか?
 体調悪くなりました、相性悪い?
 ブレスレットはいくつまでOK?
 パワーストーンってダサくない?
 意味はあっていますか?
 通販で買っても大丈夫?
 自分で直してもいいですか?
 「この石にはもうパワーがない」と言われました
 原石とブレス、どっちのパワーが強い?
 クラスターも浄化が必要ですか?
 石の相場っていくらくらい?
 有名な店で作ってもらった方がいいですか?
 直感で選んでしまったんですが……
 水晶は、産地によってパワーが違いますか?
 ブレスレットのビーズの数は奇数?
 身に着けていないと効果は期待できない?
 意味を知らずに持ってて大丈夫?
 
 
 
 


 浄化のタイミングは?
◇石を買ってきたときに
◇曇ったり輝きが消えてきたと感じたときに、
◇石が疲れているなと感じたときに
◇浄化したいと感じたときに
◇1週間1ヶ月に一度
◇1ヶ月に2〜3回

◇身につけているものは1週間に一度、 飾っているものは、1ヶ月に一度
◇ヒーリングなどに用いる前後

……「買ってきたら浄化」はほぼ共通。
その後は「石のようすや自分の気分」派と「定期的に浄化」派の二つに分かれているようす。海外サイトでもほぼ同じ。
しかし、国内サイトにあるように、石を生き物のように見なして世話をするように浄化するような説明は、見かけないように思う。

そのほか、
◇願掛けをして願いがかなったら
◇他人にあげる前に

……という、パソコンの初期化に近いものも。


買ってきたら浄化……は、「きれいにする」という意味もあるので納得できます。
あとは……「石のようすと自分の気分」に軍配
なぜなら、「浄化が必要かどうか」と考えることは、
石と自分の心に集中することでもあると思うから。
「浄化しなきゃいけないかも」「何だか不安」などと、右往左往するのではなく、冷静に自らに問いかけた結果であれば、それが一番良いタイミングでは。


どこにも書かれていないけれど、一番お勧めしたいタイミングは、怒りや嫉妬を覚えた、気分が落ち込んだ……など、自分自身が「気分の切り替えが必要だ」「心をスッキリさせなければ」と感じたとき。
持ち主の心の状態は、そのまま石の状態でもあると思うので、自分がこの心の状態をスッキリさせなければと感じたときが浄化のタイミングでは。

個人的おすすめは、
浄化は持ち主の心がもやもやしたときに。
願掛け・プログラミングは気力体力が充実した時に。

 どれくらい浄化すればいい?
水で浄化、塩で浄化という同じ方法であっても、○日、○時間、こういう場合にはこれくらい……など、諸説さまざま
※諸説については「浄化の方法」をご覧下さい。

一般的に「念入りに行う」場合は、時間を長めにとる傾向があります。


超個人的意見を言わせてもらえれば浄化は、「やればいいんでしょ」ではありません。やるなら、石を楽しむために楽しみながらやりましょう。そして、
浄化の効き目は「気合いの入れ方」に比例する……という気がしています。
石がクリア(色ではなく中が)になっていくようすを強くイメージでき、「これが私の特別な石だ」と自らの心に焼き付けられれば、どれほど短い時間であっても、効果はばっちりなはず。

何のきっかけもなしにイメージするのがなかなか難しいために、いろいろな方法があり、目安としての時間があるのであって、方法そのものや時間にあまり意味はないのかも。

 願掛けやプログラミングした石を浄化してもいいの?
◇願掛け、プログラミングした石は浄化してはいけない。願掛けの内容、プログラミングがリセットされてしまう。
◇してもよい。しっかりしてあれば内容は消えない。
◇浄化した後、再び願掛け・プログラミングし直せばよい

◇塩を用いた浄化はしてはいけない。それ以外の浄化は、石のストレスをとるのでしても良い。
◇浄化はしなくてもよいが、チャージはしても良い

……当然のように諸説さまざま。


個人的には、「しても良い」に一票。
願掛けやプログラミングは、石の中にではなく、自分の心のなかにあるもの。
石は、心の中にあるものを忘れないための、目に見える目標みたいなものです。時間が経って、そのときの思いに曇りが出たり、迷いが出たのであれば「浄化」でそれらをさっぱりしてしまえばいいのでは。

「願掛け」「プログラミング」という自分自身の心の方向性がしっかり決まっていれば、消えることなどないはず。
浄化したいし、でも消えちゃうといやだし、でも……と悩むよりは、すっぱり浄化して、結果として掛けた願いやプログラミングが消えたと感じたら、もう一度やり直せば、より強く心に焼き付けられて、なお良いのではないかと考えられるが、いかがだろう?

 他人にさわられてしまいました。
◇浄化をしたら他人に触れられないところに置いておく
◇願掛けをしたら、人の目にふれないように身につける

……という意見があるかと思えば、そのような説明が全くないところもあり。
さわられたって全然平気!
……という人もあり。

さわられたら浄化すればいいと言う説明もあるが、ここで願掛けしている場合はどうすれば?という悩みが発生する。

これらの問いに関しては、海外サイトではあまり記述を見かけない。国内サイトでも説明は一部ショップのみ。
個人レベルでのやりとりがあちこちで伝播しているようす。


ちなみに私は、「どうぞさわってちょうだい見てちょうだい。指紋がついたら拭けばいいから。でも、落としたり割ったりしないように注意お願いね」派です。

浄化、プログラミング……とプロセスを経た水晶を、自分の心の中心に近いものと見なして他人に触れられたり見られないようにするという説も理解できます。
……が、特別な対策を講じず、普通に身につけていてさわられてしまった、他人の念が入ってしまったかもしれない、どうしよう……と思い悩み、勝手に人の石にさわるなんて……と逆恨みするのはお門違でしょう。
見ず知らずの嫌な感じの人に見られてしまった、悪い念が入ったかも……という心配に至っては、そのように
心配する心理状態の方が何倍も、石に悪影響を与えるのではないかと言いたいです。

さわった方にしても、悪意でさわったわけではなく、「きれいだね」というプラスの気持ちが高じたものでしょう。それを「他人の石に触れるなんて!」と、まるで悪意の行為のようにマイナスにとらえるのもどうかと思います。
それよりも、「ありがとう」「ほめられちゃった」と受けとめた方が良いのではないでしょうか。


いくら石が「人の念を吸いやすい」ものだとしても、一番近くにいて、浄化もプログラミングも行った持ち主さんよりも、短時間さわられたことや、見たか見ないかわからない視線の方が強く作用するはずがありません
もし、さわられたことで「他人の念を吸い込んだ」ということがあったとしても、
それくらい念を吸い込みやすいのなら、その後持ち主の手に戻れば、持ち主の念を吸って問題なし、ではないでしょうか。
心配ならば、手元に戻ってから特に気合いを込めて念を込めてみてはいかがでしょう。たぶん、ちょっとさわった程度の念など、はじけ飛ぶんじゃないでしょうか。
「でも、嫌な感じが」というのであれば、持ち主の心の力がよっぽど弱いか、雑念だらけで浄化やプログラミングが全く効力を発揮していなかったという、かなりトホホなことになりはしませんか?
もっと楽しく大らかに、石を楽しもうではありませんか。

「触られてはいけない」は、願いを託す大切なものだから、そこらへんに置きっぱなしにしたり軽々しく貸し借りせずに「他人には触らせないくらいの気持で大切にしましょう」という意味ではないでしょうか。
本当に触られたくないなら、さわられない対策をすべきです。




「お店の人が、ブレスをさわられるとダメといっていた」……そんな話を聞きますが、ではツッコミ!
そのお店では、どうしてさわられやすいブレスレットの形にしたのでしょう?
お守り袋に入れるとか、せめて服の下に隠してしまえるペンダントにしなかったのでしょう?
ブレスレットでなければダメなら、どうしてさわられても大丈夫なプロテクトをかけるとか、さわられずに済む方法まで教えてくれるとか……「さわられてはダメ」というスタンスなら、そこまでしなくては片手落ち。
ただ「さわられてはダメ」では、ムダに不安にさせて、特別な石だと思わせているだけではないでしょうか。

お店の方、そこらへんのフォローもよろしく!

 パワーストーンを買うなら専門店?
◇一目見て惹きつけられる石を買いましょう……(店については記述なし)
◇パワーストーンを買うなら、パワーストーン専門店がいいでしょう
中には、
◇店に行くのは、男性ならば新月の前後3日間、女性は上弦の月(これから満ちていく月の半月)から4日間
……という話も。


時には「本物は当店だけ!」「買うなら当店で!」という、自信満々な店もありますが、そういうところは放っておくとして、ちょっと気になるのは「パワーストーンを買うならパワーストーン専門店で」という意見。

ところで、パワーストーン専門店って何でしょう?
ヒーラーさんがいる店でしょうか。
「パワーストーン」と明記してある店のことでしょうか。
それとも石の意味を説明していたら専門店なのでしょうか。


私が知る限り、採掘・加工の段階からパワーストーンショップ用・鉱物ショップ用が分けられているというのは聞いたことがありません。
海外のミネラルショーでは、どちらのお店も同じように同じような店から仕入れをしています。
店名や意味の説明など、どうとでもなる話です。
意味を知りたい、石の話をしたい、その他パワーストンにまつわるいろいろ諸々が必要であれば、やはりそういう分野の店がいいでしょう。
パワー云々にかかわるお値段アップがちょっと困るとか、鉱物としての石のあれこれが知りたい場合は、鉱物ショップの方が便利なときもあります。

石の質は店それぞれです。

 いろいろな方法(説)があって、どれが正しいかわかりません。


●どれが正しい?
まず、結論から言えば「どの説も正しい」です。
自分がこうだと思って選び、その説に従って
石を楽しむことで、生き生きと心が明るくなるならば。
いくら自分が信じても、そのせいで自分を追いつめて気分が暗くなったり、考えが凝り固まって周囲が見えなくなり、結果として心が沈んだり生活に支障が出るようでは、正しい石の楽しみ方とは言えません。


●どの方法を選べばいい?
自分にとってベストな浄化方法を選ぶには?……まず、自分のスタンスをはっきりさせましょう。

石の「浄化」には、石にとって物理的なダメージがあると思われる方法があります。
「石が傷つくなんてイヤ!」というのであれば、浄化を行わないか、ダメージの少ない方法を選んで下さい。
「浄化を行った方が、心の力をすんなり働かせることができるような気がする」……と、石のイメージ的側面に価値を置くなら、石にダメージがあるかもしれないことを承知した上で、あなたにとって適していると思われる方法、気持ちよく真剣に行うことができるような方法を選んで下さい。
「石にダメージがあるのもイヤだし、イメージも大切にしたい」……という場合は、双方を満たす方法を選べばいいのです。

「精神的な儀式」である以上、形だけをまねてみたり、これででいいのかと迷っていたり、終わったあとで「しまった〜!」と後悔していたのでは効果は激減。
自分の価値観に合った方法は?……方法を選ぶポイントのその1はここにあります。


どうしていろんな方法がある?
それは、どの説もそれを考えた人にとっては正しい方法だからでしょう。
たくさん説があるということは、それだけたくさんの人が、石とのつきあい方をさまざまに模索してきたということでもあります。

いろいろな説が入り交じるのには、他の理由もあります。
「パワーストーン」といっても、その中には、欧米から入ってきた「クリスタルヒーリング」の考えや、「風水」、願掛けや清めるという側面では神道や仏教、民間信仰の考えも入っています。
いわば、石という一点が共通しているだけで、元となる考え方はバラバラなのです。

たとえば、パワーストーンとクリスタルヒーリングでは、すでに考え方が違います。
パワーストーンは石そのものに力があり、それを持つことで効果を期待するもの。「お守り」的意味合いがかなり強いです。
対してクリスタルヒーリングは、石という自然の一部である物のパワーを借りつつ、それによって心に働きかけ、実際に石で(石と共に)何かの行為を行う側面が強くあります。
これだけの違いがあるのに、パワーストーンにはクリスタルヒーリングで行う「浄化」などの考えが取り入れられました。
そのギャップを埋めるために、独自の説明も考え出されているようです。


ところが、ショップの浄化の紹介では、もとの考えが何であるかがはっきりしていなかったり、読む方が、系統の違いに無頓着だったりします。元となる考えも知らず、ただ言われていることの末端だけを追いかけていたのでは、混乱するのも当たり前ですし、効果があるとも思えません。
一体浄化やプログラミングは何のためなのか、系統は違っても、なすべきことの根本を押えておかなければならないでしょう。


いろいろ試して、そのことで石を楽しむなら何の問題もありませんが、もっと深く、何か違うと考えるならば、求める深みに見合うだけの真剣さで考えるべき問題です。


「私が浄化をするとしたら?」……逆説的に考えてみました。(ブログ記事)

ちなみに、私はいっさい浄化してません。
それでなんともありません。
だから、少々浄化の方法を間違えたり、できなかったりしても
大丈夫!
……証明済みです。ご安心あれ。

 石に相性はあるのでしょうか?
◇石は同じ地球から生まれたものなので、相性の善し悪しはない。
◇一般的に石に相性の善し悪しはないが、相反する作用の石は一緒にしない方がよい。
◇相反する作用の石を一緒にすると力を打ち消し合う。
◇相性があると言う人もいるし、ないという人もいる。
 それは、どの情報を出した人の感覚次第。 つまりは個人差がある。


お店サイドの情報では、「やってはいけない組み合わせ」はほとんど説明されていない。にもかかわらず、「石の相性どうですか」という質問を見かけることが多いことは、不思議を通り越して、


禁止事項がたくさんあって、それをクリアすることでありがたみが増すように感じているのだろうか。
単に会話の一貫として、何の気なしに言っているのだろうか。

石の相性の禁止事項をについての情報を追いかけていくと、個人の体験か、もしくはヒーラー系の人の意見が多い。
それにしたところで、「個人的意見」の域を出ないと思う。

石と人との相性ならば知らず、石と石の相性なんて、仮にあったところで、持ち主が「すてき、きれい!」と思った瞬間に意味をなさなくなる程度のものではなかろうか。

↑スモーキーにくっついたガーネット。
よく単独でと言われるガーネットだけれど、自然界ではちゃっかり一緒。それでも単独推奨でしょうか?
マニュアルがあって、その通りにすればいいというのは、ちっともスピリチュアルではないと思う。

よく「単独で」とかかれているラピスラズリも、原石で見ると母岩のカルサイト(または大理石)と一緒になっているし、ガーネットに至っては水晶や雲母、アクアマリンなどさまざまな鉱物と共生したり内包されている。
そのような石が、「他の石と一緒にしない方がよい」などということがあるのだろうか?


石と石に相性があるなら石と人にもあるわけで、持ち主という要素が加わるなら、石の組み合わせだけで良しあしは判断できないと思います。

私個人はかるーく100個以上のブレスレットを好き勝手な組み合わせで作っています。相性なんか気にしたこともありません。
……が別に何のトラブルもないので、ご安心を!
組み合わせて見たければやってみる、何かあったらそこで改めて「どうすれば楽しめるか」を考える。
これが一番おすすめです!

というか、
新しい石との関係を「相性は大丈夫?」という心配からはじめるなんて、もったいないと思います!


 石の色が変わった、割れた……これって何かの前兆?
●石の色が変わってしまいました
●石が割れてしまいました
●ブレスのゴムが切れてしまいました

……ということでこれは何かの前兆か、何か意味があるのかと心配される人がいます。

それに対する意見は……
●身代わりになってくれた
●まずはきちんと浄化してみては
●石の寿命
●悪い感じがしなければ、気にすることはない


まず。

むやみやたらに心配するのはやめましょう!

石はそんなに神経質なものではないです。
たいていの出来事には、太陽光などで退色した、当たり所が悪くて割れた(元から見えないひびが入っていた)、ゴムの劣化、ビーズの穴の処理が甘くて角張っていた……など、物理的な理由があります。

それをイメージ的にとらえて意味を見いだすのは自由ですが、
その出来事の「意味」を考えるのは持ち主さん自身であるはずです。
「何か意味が?」と意見を求めたとしても、アドバイスしてくれた人は、細かい状況や具体的な変化のようすを見ているわけではないのですから、それは参考意見でしかありません。

心配だからと言って意見を求め、その意見でわかった気分になるのは、出来事にイメージ的な意味を見いだすパワーストーンのやり方ではないと思います。

心配しすぎることは、石を「心配なもの」にしてしまうということです。私だったら、自分の石を心配なもの、怖いものにしたくありません。

 こんな石を持っていて大丈夫?
●石に傷が付いていました
●石を落としてしまいました
●石の色が変わってしまいました
●ブレスのゴムが切れてしまいました
●ずっと着けてなかったブレス
そういう石を持っていても大丈夫でしょうか?


「大丈夫?」と心配されてますが、逆に質問です。
じゃあ、大丈夫じゃなかったらどうなるでしょう?

「大丈夫?」と心配しているということは、何か
大丈夫じゃないことがおこるのではないかと心配されてるわけですよね? では、具体的にはどんな心配でしょうか?

●「石が壊れてしまうのでは?」
……ならば石をよく見てください。内部に大きくひびが入っているようなら、その危険があります。
ちょっと欠けた程度でひびがなければ(少々のひびなら)、危険は少ないでしょう。
割れ口でケガをしそうな状態ならば、それはちょっと物理的に危険かも。


●「パワーが落ちてしまうのでは?」
  「石が怒っているのでは?」
……石にしてみればビーズにされた時点で、割られて削られて磨かれているので、あまり大した問題ではないような気がします。原石でも、ひょっとしたらダイナマイトで爆破され、機械でがりがり掘られてます。
傷つけられてどうにかなるなら、とっくにどうにかなってます。
影響するとしたら、傷や落としたという出来事ではなくて、「もしかして……」と気にする持ち主さんの気持ちかも。

ずっとほったらかしで、石が怒っているのではないか……、というご心配もあるようですが、石が地中で成長してきた時間を考えたら、ほったらかしにされていた時間なんて、石にとってはわずかな時間です。

怒っていたとして……
だったらどうなんですか?
音沙汰無しで、怒らせてしまった友達がいたとして、「怒っているから、何か自分に悪いことをするかも」と決めつけて疑いますか?もう一度おつきあいしたいならなら、まずは誤って仲直り。石だって同じです。


「何か悪いことが起こるのでは?」
えーと、石が「よくも粗末にしたな〜、祟ってやるぅ〜」という、
取り扱い要注意な怖いものだと思いますか?
そんなものだったら、そもそも身に着けたくないですよね。それより、そんな怖いものだったら「どうすれば」より、さっさと捨てちゃいましょう。

「何だかいやだな」思うのであれば、無理におすすめはしません。
でもそれは
石が悪いのではなくて、持ち主さんの気持ちの問題です。
「大丈夫かな……」と心配しながら、石を疑いながら身に着けていても、楽しくないです。
疑われていたら、石も力を発揮しようがないでしょう。

中には、今まで持っていた石について悪いことを聞いてしまい、「大丈夫でしょうか……」という人もいます。
これもどうでしょう?
大丈夫じゃなかったら、とっくに何か起こってると思いませんか? 悪いことを聞いたから、その時点から何事かおこるかもしれないというなら、それは石のせいではなくて、「大丈夫?」と心配している持ち主さんのせいではないでしょうか?


個人的には「大丈夫でしょうか?」という心配は変に思えます。
(物理的な破損の心配は除く)
それは、実は石を心配してません。
一方的に石を疑って、危険なものだと思ってしまうことです。
私は、そんなのは嫌です……。

 高い方がパワーが強い?


石の値段は石そのものの種類や質によって差が出ます。
たとえば、水晶よりはダイヤモンドのが高い。濁った水晶より透明な水晶の方が質が高いので高い。
……そのあたりは納得できます。しかし。

人気が出ると石の値段は上がります。
店舗を持たないショップより店舗を持つショップの方が経費がかかるので高くなるでしょう。
当然卸の店よりも小売りの店の方が高くなります。間に中間業者を挟むほど高くなります。
外国から仕入れたときの為替相場で円安だと、元値が高くなるので小売値段にも響きます。
大規模に仕入れるチェーンショップより、小規模で仕入れる個人ショップは高くなりがちです。
店の利益の乗せ方も店によって違います。
「パワーを入れました」「リーディングします」……その分料金が上乗せされます。
……これらは、
石に直接関係があるでしょうか?

たとえば、ある店が○周年セールで大幅に値下げしたら、それに伴ってパワーが落ちる?
営業努力でいい石を安く売る店より、儲けをどんとのせて高く売った店の石の方がパワーが強い?
そんな事だったら変でしょう。

石の値段は直接石に関係ないところで簡単に上下します。
そんなものに石のパワーが左右されるとしたら、ありがたくも何ともありません。
値段とパワーは比例しない。そういうことにしておきたいですね。

 100円均一ショップの石にもパワーある?
●100円均一ショップのものでもパワーはありますか?
●100円均一ショップのものは、やはりパワーが劣りますか?


石のパワーは値段や質と比例するとは限りません。

でも、パワー「ストーン」と言うからには、せめて天然石であってほしいですが、100円ショップや観光地のものは、「天然石」といいながらガラスやプラスチックである場合があります。
石は石でも人工的に色をつけているものや、石の名前を間違っている場合もあります。
天然石じゃないといやだ、加工してあるものは困るというのなら、注意が必要です。
100円ショップだからフェイクや加工だというのではなくてその可能性が高いということです。パワーストーンショップでもフェイクや加工物はあります。残念ながら。

また、石のパワーについては同じ石に対して誰もが同じパワーを感じるとは限りません。
これには持ち主さんの「気持ち」が大きく影響すると思われます。
その石をとても気に入っている持ち主さんは強いパワーを感じるし、興味がない人にとっては「ただの石」。つまり
持ち主さんの気持ち次第で石はパワーを発揮できたりできなかったりするのでしょう。

その場合、「100円ショップの石だし」とか、100円ショップの石は確かに見た目グレードの劣る石の場合が多いので、「この程度の石だから」と考えてしまうことが多く、そのためにパワーが劣って感じられると言うことはあるかもしれませんね。

 大きい方がパワーが強い?
●大きい方がパワーはありますか?


同じ種類に限ってみても、石は、一つ一つ模様や色が異なります。
小さくても色が抜群にきれいなものと、大きくても色のくすんだものを比べたら?
原石の性質上、小さいビーズしかとれない種類の石は?

たとえ大きい方が効果が強かったとしても、持ち主さんが
「じゃまだなあ……」
とか、
「この石、好みじゃない」
などと思っていたら、石は力を発揮できないでしょう。
大きければという、単純な話ではありません。


 水晶一粒より二粒の方がパワーが倍?
ブレスレットに水晶を一つ入れるより二つ入れた方が効果は倍になりますか?


二粒入れれば効果が倍、三粒で三倍……だとすると直径が1.5倍で四粒入れたら……計算がものすごくややこしくなりそうですねえ。算数が苦手な私にはとても無理です。

……それはさておき、倍とか三倍というならば、「効果」というものが計測できなければなりません。
重さや電力みたいなものなら倍、三倍といえるかもしれませんが、魔除けとか恋愛、金運、そういう「効果」をどうやって測ります?
金運は、水晶一粒につき10円得する効果があるので、二粒入れると20円トクします。そんなことになるんでしょうか。
小さい小さい4ミリ玉と、どどんとでっかく20ミリ玉、一粒だったらどちらも同じ?
金運ならまだしも魔除けや恋愛の効果なんて何倍と測れるものじゃありません。


測れないんだったら何倍とは言えません。
そもそも、パワーストーンのパワーは数値で測るものではありません。
よって、この質問は成り立ちません。

何倍とは言わないけれど、少ないよりも多い方がいいのか?
……それもどうでしょうか。
ブレスレットのデザインで、アクセントとしてきらりと小粒の水晶を効かせた場合、その一粒は「ただものじゃない」と感じさせると思うんですが……。
これも単純な話ではなく、ブレスのデザインも大きく関わってくると思います。

 安かったんだけど……偽物?
●水晶のブレスレットが●●円だったんですが、妙に安かったので偽物でないか心配です……。


最初に言ってしまいますが、こういう質問で「●●円だったので……」と出てくるお値段を見ると、「普通の値段だけど?」と思ってしまうことが多いです。これで妙に安いと思われたのでは、ちまたではどんだけ高いんだ。

それはさておき。
「高ければ?」の所でも述べましたが、石の値段は石そのものに関わらないところで簡単に上下します。
ぶっちゃけ、大部分の天然石の原価は意外に安いんです。
ですから、稀産で明らかに値段が張るもの(たとえばカザフスタン産のストロベリー・クォーツなど)が普通の水晶と変わらない値段で売られていたら注意してみなければなりませんが、すべての石について「安いんだけど偽物?」は当てはまりません。

値段で石の本物偽物は判断できないです
見分けるための参考値、飛びつく前にちょっと待ての注意点にはなるかもしれないけれど、本物偽物の決め手にはなり得ない。

偽物? と心配ならば、買うのをちょっと待ちましょう。
そりゃ、安く買えたらうれしいですが、買ってから心配するくらいならぐっと我慢です。
いいもの(ガラスなどではない天然石)を安く買う。掘り出し物的ラッキーをねらうならば、石を見分ける目を養わなくてはなりませんし、それでもリスクはつきものです。

「本物だったらラッキー」というくらいのプラス思考ならともかく、偽物だったらどうしようと迷うくらいなら冒険はしない方がいいです。

あえて「信頼できる店で買った方がいい」とも言いません。
なぜなら、
「信頼できる店」をどう見つけるか……そのためにも石を見分ける目を養う必要があるからです。

 ブレスレットは右?左?
●ブレスレットは右と左とどちらに着ける方がいいですか?
●右と左と、着ける手によって、効果に違いがありますか?

……何度も何度もあちこちで見かける質問です。


検索すると、大部分は「左手」
理由は
右利きの人が多いので、右だと邪魔だから。
そのほか、「右手は(エネルギーの)放出で、左手は吸収」……という説明を見かけるので、いろいろ調べてみました。
(エネルギーの)放出 (エネルギーの)吸収
顕在意識 潜在意識
現実を創造する、行動する 直感や感覚、インスピレーションを表現
左脳につながるので、現実的な方面を担当 右脳につながるので、精神的な方面を担当
金運、仕事運、プレゼン、告白、試験、
実らせたい具体的な恋愛
恋愛運、健康運、対人関係、お守り
自信を持ちたい、心豊かな生活
現実的な変化を望むとき、 メンタル(精神的)な変化を望むとき
自らの力を相手に伝えたいとき 石の力に護って欲しいとき
石のパワーを発揮させるために個性的な石を右手に 霊的な影響を防ぐために左手に水晶やムーンストーン

……これだけを見ると、なるほど〜ですが、
「金運だから右手だ!……でも、じゃまくさい……」
では、石の効果もあったものじゃないと思うし、そもそも左が吸収で右が放出するというエネルギー(または気)というものを実証できないので、測ることも出来ないし、果たして左が吸収、右が、右が放出しているのかどうかも確かめられません。
すべて「そう考えれば、こう言えます」という、イメージの上での話です。右利き、左利きでは違ってくるのかという疑問もあるので、やはり
着けてみて違和感のない方に、あるいは、その日の気分でどちらでもという説に一票。

たとえば、右が現実的な変化、左手が精神的な変化ということですけど、恋愛にしたって「○○さんが自分を好きになってくれますように」……ということで現実的変化を希望だから右手では?と考える人もいるだろうし、「○○さんに振り向いてもらえるよう、素敵な自分にならなくては」……で、精神的な変化希望だから左という場合もあるかもしれない。
このケースは右、左、とマニュアルで決まってるのではなくて、本人がどう考えるか、でしょう……。
右と左の意味を総合すると、日常的には左、気合いを入れるときには右、という気もします。

 別ので買った石を一緒に持っても大丈夫?
そんなコトしたら、パワーが下がりませんか?
……というご質問ですが。


卸系の店を見ていたり、ミネラルショーに出入りしていると、あ、あの店の石がA店とB店に売れていったな〜(当然、小売りの値段にも差が出ます)というケースを目にします。

産地も同じ、卸店まで同じ。仕入れた小売店が違うだけ。
これで石に変化が起きて、石同士がけんかする、反発しあってパワーが落ちる……そんなことがあるなら、
いったい石のパワーって何でしょうってことになりませんか?

何十年、ひょっとしたら何百年も埋もれていた大地……産地の違いより、短期間おいていただけの小売店の違いが問題になるんですか?
考えたら、心配するだけ変でしょう。
もし、「ウチの店の石と他店の石を一緒にするとパワーが無くなります!」などと言う店があったら、
私なら鼻で笑ってやりますとも。

 別の産地の石を一緒に持っても大丈夫?
そんなコトしたら、パワーが下がりませんか?
……というご質問ですが。


「別の店の石を……」よりは、考え甲斐のある疑問です。
ただ……実際問題として、同じ産地の石でそろえるのは大変です。
ブラジル産はブラジル産、中国産は中国産……といったって、かの国がどれだけ大きいと思います?
日本の北海道産と沖縄産の石を同じだよ〜といっている以上です。

ヒマラヤ産といったって、ヒマラヤはパキスタン、中国、インド、ネパール、ブータンにまたがる大山脈。それを、ヒマラヤ産と言うだけで同じにしちゃう? 産地を間違っていたりごまかしている場合はどうしましょう。
逆にブラジルとお隣ウルグアイでは国が違うから産地も違うことになりますが、その線引きをしたのは人間です。
そんな人間の都合に石のパワーが影響されるでしょうか?
どこからどこまでを同じ産地といい、どこを違うというか。細かく見れば見るほどわかりません。
産地を記載してない石も多いです。ビーズだったら大部分が産地不明。

そんなことより、どれも同じ地球のひとかけらと考えて楽しみましょう。
もし、仲が悪い石があったら、持ち主さんが仲を取り持ってあげればいいではありませんか。

 本当に効果ありますか?
意外によく見かける質問です。


「あるわけない。宝石にならないクズ石を、もっともらしいことを言って高く売りつけているだけ」
……というキッパリな答えもよく見かけます。

「ない!」と即答するのは簡単でごもっともですけど、もうちょっと考えてみます。

まず。
「石の効果(またはパワー)」って、何でしょう。
この「効果ありますか?」の「効果」が、石の意味として説明されているもの、たとえば金ルチルなら金運とか、ローズクォーツなら恋愛……とかそういう具体的な効果という意味で、石を持ったら誰にでも効果があるんですか? という質問なら、
「そんな都合のいいことはありません」と答えるしかないでしょう。

石の意味や説明は、どこかの誰かが考えたものだと思うんですよね。
人が考えたもの、しかも人や国によって意味や説明が異なる。(たとえば「縁切り石」などといわれてしまうデザートローズは、海外では突然の出来事の時に持ち主を支えてくれるラッキー・ストーンという説明でした)……あるいは、噂が一人歩きして、さもそういう石であるかのような認識が広まってしまう(たとえばラピスラズリを持つと試練があるなど)。原石とビーズでは同じ名前でも示す石が違ってしまっている(エレスチャルなど)。
そんな意味や説明が「本当にあるのか」といわれたら、あるわけないとしか言えないです。

でも、石をきれいだと思うことはそう思える心の余裕でもあるし、説明通りの効果はないにしてもパワーストーンを持つことで楽しく明るい気分になることができるならば、
結果として物事がうまく運ぶ可能性が高まるかもしれません。
「笑う門には福来たる」と同じことです。
石がきっかけでそういう気分になるのならば、それは石の効果と言えるのではないでしょうか。

 悪い(心配な)意味が書いてあって、心配になりました。
 試練があると聞いたんですが、大丈夫でしょうか。
知らない間は気にせずに持っていたけれど、試練があるとか、「縁を切る」などの意味があることがわかったら、急に心配になってしまった……そういう人も多いようです。


……何かあるんだったら、意味を知る前に、とっくに何かがおこってると思うんですが

持ち主さんがその意味を知ったから、悪いことや試練がおこるというのでは、タイミングが良すぎます。
石は、持ち主さんがその意味を知るまで、黙って待ってたんでしょうか。
……何のために? もし、持ち主さんがその意味を知らずに終わってしまったら、どうするんでしょう。

第一、持った人に必ず深刻な試練が降りかかるというなら、「敵方に試練を送っちゃえ〜」という利用方法もあるわけで、どこぞの国がが独り占めして使っていそうです。


心配だ〜というなら、その心配が不安を呼んで、ちょっとしたことも悪く思えてしまうんですから、さっさとその石を手放したらいかがでしょうか。
……このように言われて心外ならば、試練とかそんなマイナスな意味は「そんなふうに考える人もいるんだね」くらいに軽く聞き流して気にしないことです。

要は、石ではなくて持ち主さんの気持ちの問題なのです。

 この石、何ですか?
買った(もらった)石の名前を忘れてしまいました。


可能なら、
買った店、もらった人に直接聞きましょう。
掲示板やmixiなどで写真を出して聞く人が多いですが、写真ではわかりにくいのです。
それより、
直接聞いた方が確実。

もし、それが不可能で、写真を出してネット上で聞くならば、せめて写真はきちんと撮りましょう。
◇ブレスレット全体ではなく、わからない石をアップで
ピンぼけ厳禁
◇色飛び・暗い写真も困ります。
◇手にはめたまま、さざれの上、手にのせた写真は色がきれいに見えません。無地背景の上で。
◇携帯の写真の場合は、マクロ指定で、なるべく大きなサイズ
写真の撮り方は、こちらも参考にどうぞ。

あ、もう一つ。
店や作ってくれた人に聞けないという事情で、ネット上で質問し、何らかの答えが返ってきた場合。
必ず、教えてもらった名前で検索し、それで正しいかどうか確認しましょう。
「○○石だと思います」
「そうですか! ありがとうございます」
それで終わらせてはもったいないです。
答えを疑うわけではなくて、答えてくれた人は、写真という限られた情報だけでがんばってくれたのですから、最終確認をするのは質問者の義務というもの。
写真で石を判断するのは、意外に難しいのです。
ですから、実物を目の前にした質問者が最終確認をしなければ。

だって、素人でわからないし……。
まったく手がかりなしでは難しいけれど、名前の当てがあるのですから、その名前で検索し、あるいはショップへ行ってその名前の石と見比べることは出来ますよね。
それで同じに見えるかどうか。
どう見ても違っているというなら、教えてもらった名前は残念ながら正しくない可能性があります。
そういう場合は、さらにわかりやすい写真をがんばって、「違っていたみたいなんですが……」と質問を

 体調悪くなりました。相性悪い?
石を買ったら(ブレスをはめたら)、頭が痛くなりました。
あるいは
良くないことがおこります。

これって、相性が良くないということでしょうか?
もう身に着けない方がいいですか?


さて、逆に質問です。
どうしたいですか?

心配だからやめておく? それでも身に着けたい?

心配だから……というなら、さっくりあきらめましょう。
「そんなことないですよ」といっても不安が残るようなら、ムリして持ち続けたって楽しくないです。

本当は、
「たまたまそんなこともあるさ」とか「嫌な思いを石に結びつけた考えない方がいい」とか、「人でも初対面で意気投合するとは限らない。最初は苦手でも時間が経って気が付いたら仲良くなっていることもある。それは石も同じだから、じっくりおつきあいしてみては」
……とアドバイスしたいところですが、
持ち主さんの不安が消えないようならアドバイスの甲斐はありません。

心配は心配だけど……でも、せっかく買ったんだから、身に着けたい。
その根性に乾杯! 応援します。

だったら、それこそ「じっくりおつきあい」ですぞ。

最初はちょっとはめてみる。またまた頭が痛くなるようならムリせず外す。
機会をねらってまたちょっと。
このとき「また、頭が痛くなったらどうしよう」とは考えないこと。
「おお、石のパワー感じちゃった」くらいにプラス思考でいきましょう。

頭が痛くなった(具合が悪くなった)が、相性が悪い証拠とも限りません。たまたまかなりパワフルでやんちゃな石なのかもしれないからです。
少なくとも人に影響を及ぼすくらいのパワーを持つ石であることは確かということじゃありませんか。

人間、たいていのことには慣れます。それくらいの
適応力が無くてどうします。
たとえ相性が少々悪かったとしても、ずっとそのままということはないはずです。
もちろん、こちらからもアプローチしましょう。

はめられなくてもじっくり眺めて、「きれいだね〜」「すんなり身に着けられたらいいなあ〜」とラブコール。

焦らず、へこまず、そのうち何とかなるさとがんばりましょう!

 ブレスレットはいくつまでOK?
●いくつまで着けてもいいですか?
●□本着けたら変ですか?
●たくさん着けると、石同士が喧嘩したり、効果がなくなったりしませんか?
数に指定はないです。
パワーストーンショップの店員さんが両手にじゃらじゃら着けていたりするじゃないですか。
仮にもお客に石を進める立場の人が、してはいけないことをするでしょうか?

石が喧嘩とか効果がなくなると心配する人もいますが、自然界でいろんな種類の石がくっつきあって産出するのも珍しくないし、ビーズショップやたくさんのブレスレットを売ってる店ではいろんなビーズやブレスレットがひしめき合ってます。
喧嘩してるならとっくに喧嘩してるし、買った時点で効果なしです。
そんなことはないでしょう?

要するに気持ちの問題なので、人目が気になるとか、やっぱりよくなさそうだというなら本数を絞りましょう。
気分によってつけるブレスレットを選んで非替わりでつけたらいいでしょう。

たくさん着けたい! その方が楽しい! と言うなら着けましょう。

似合うかどうかはその人の雰囲気や服装などとのトータルバランスなので、ブレスレットの本数だけでは決まりません。

……あ、重くて肩がこるようなら、さすがにちょっと減らしましょう。


 パワーストーン、ダサくない?
●数珠みたいでダサくないですか?
●「あー、そういうのに頼っちゃう人なんだー」と思ってしまう。
●オシャレじゃない。


単に好みの問題なので、ダサいと思う人にはダサいんでしょう。
好きじゃないとか、人目が気になるなら着けなきゃいいだけです。

……というか、パワーストーン=ブレスレットではないし、ブレスレットだったとしても数珠っぽいといわれるものだけではありません。石が使われているものなら、……たとえばダイヤの一粒リングでも、着ける人が「これはパワーストーン」と思えばパワーストーンです。

それに、石を身に着けてる=パワーストーンに頼ってるとも限りません。
私、ブレスレットを作ったり着けたりしますが、頼ってると言われたら笑います。意味を覚えたり調べる気はないし、積極的に無視してるし。
逆に「石を身に着けてるだけでそう決めつけるんだー」と思われたらどうします?
オシャレかどうかはその人の雰囲気や服装とのトータルバランスなので、ブレスレットをしている=ダサいというのもどうでしょう。

ちなみに、ティファニーでもオニキスの丸ビーズを連ねたブレスレット、売ってます。こちら


 意味はあっているでしょうか?
店で、○○○○の効果でブレスを作ってもらいました。この組み合わせであっているでしょうか。


たぶん、一つ一つの石の意味を調べてみたら、アレ……?ということなんでしょう。

でも、たとえば「恋愛運」でブレスを作ったとしても、「恋愛運」をうたわれる石だけが使われるとは限りません。
たとえば引っ込み思案な人なら、もっと積極的になって出会いの機会を増やせるように……ということで、コミュニケーションがらみの石が入れられるかもしれません。
これから出会いを求める人と、すでに決まった人がいて、絆を深めたい人とでは状況が違います。

つまり
「恋愛運」「金運」という結果にダイレクトに効く石というより、その結果にたどり着くために足りない要素、強化したい要素をサポートする石が使われている可能性もあるわけです

さらに石の意味にはいろいろな説があって、統一のものはありません。

質問して意見が返ってきたとして、その件の人と、ブレスを作った人が、同じ説に基づいて考えているとは限りません。
だから、
他で質問するよりも、まずは作ってくれた人に聞きましょう。
ちゃんと考えて作ってくれたなら、説明してもらえるはずです。


……というか、質問して「違う」という答えが返ってきたらどうしますか?
それでブレスを疑えば、たとえ実は適したブレスでも効果は期待できなくなると思うんですけど。

 通販(ネット)で買っても大丈夫?
●通販で買ったら、効果は半減したりしないでしょうか?
●通販で買うと運気が下がるのではないかと心配です。
●ネットで買うと良くないと聞きました。


これ、ちょっと考えたらわかると思うんですけれど。

通販で買ったものが効果が落ちる、通販で買ったものは良くない。そんなことだったら、通販でしか石買えない環境の人は、効果が劣る良くない石しか持てないのでしょうか。
ネットショップはみな、効果もない良くない石を売るインチキショップなんでしょうか。

実店舗を持つショップで、店頭に並べた石を同時にネットショップで売っている場合がありますが、店頭で買えば効果があるけど、これが郵送されると効果が落ちる。……郵送や宅配って、効果や運気を落とす、恐ろしいシステムなんでしょうか。

そんなことないですよねえ……。
だから心配ないです。心配するまでもありません。

それでも心配で、というならどうぞ実店舗で。
でもそれは
通販のものが悪いんじゃなくて、個人レベルのこだわりです。

通販といっても雑誌の裏の「買ったらこんな効果が! 人生変わりました」みたいな、いかにもあやしいものから、ネットショップで個人が作ったブレスレットを売っているもの、実店舗を持っているショップがネットでも売っていたりするものなど、いろいろなので、「通販で買うと……」といううわさ話がいったいどんな通販を指して言っているのかわかりません。
それを通販全部と考えたら変でしょう。


ただ、通販ならではの注意点もあります。

実物であればいろいろな方向から見えるし、手触りなども含めていろんな感覚で選ぶことができますが、通販では、欲しい商品の写真であるとはかぎりません。たとえば雑誌などでは、ラピスラズリのブレスレットだとしても、同じ商品が複数あって、どれが来るかわからない場合もあります。
ネット通販では画像だけが頼りで、その画像も、パソコンのモニターによって実物と色が違って見えてしまうし、欲しい気持ちが働いて、実際より大きくきれいに見えてしまったり、写真に写っていないところに実は傷があったりで、届いてからがっかり……という場合があります。

持ち主が、がっかりしていては石としても力を発揮しようがありません。
だから、まずは実物を見て、
納得して買った方が……ということになるのではないでしょうか。

しかし、逆に言えば、
通販であってもしっかり判断して、買ったものに「大満足!」であれば、石の発揮するであろうパワーに違いはないと思います。

このとき注意したいのが石の説明です。
通販の場合、画像とともに説明があって、説明にすごいことが書いてあると、どうしてもそちらに引きずられてしまうのですが、やはり、石そのものを見て心惹かれるものを選びたいですね。

●ネットで商品写真を見るコツ

◇大きく見える、きれいに見える
商品写真をじっくり見るとき。それは「いいな……」と思ったとき。そういうときはどうしても大きくきれいに見えがちです。
そこでちょっと待った。

大きさをしっかりチェックしましょう。
原石ならタテヨコの大きさを、ビーズなら直径を、出来れば定規や大きさの似たもので、具体的に把握しましょう。
「あら、思ったより小さい?」
そう思うことがよくあります。

石の写真を撮っていて思うことですが、きっちりと撮ると石は実物よりきれいに写ります
光の反射などが少々オーバーに写るので、実物よりもキラキラつやつやに見えます。
光の当て方によっては石が透けて見えて、色も違って見えてきます。
雰囲気たっぷりのきれいな写真ほど、「実物はちょっと落ちるかな(実物よりきれいに写っているぞ)」と意識した方が確実です。

◇脳内補正せよ
石の色は、光によってかなり違って見えます。
ネットショップの写真は、ほとんど素人さんの写真からプロ級の人までさまざまです。
なので、商品写真がどんな光で撮られているかを見抜いて、脳内補正しなければなりません。
いくつかポイントをあげます。

【白の色合い】
いや、白は白なんですが、光に色が付いてしまっている場合、わかりやすいのが白です。白い背景、白いはずの石、それらが妙に黄色っぽかったり、変にくすんでいませんか?
白い部分が黄色っぽいようなら、全体的に黄色みを帯びて写ってます。くすんでいるようなら、実物はもうちょっと明るいでしょう。
逆に白い背景が影もほとんど映らないくらい、「真っ白!」だったら、実際以上に明るく、あるいは明暗がはっきり写っている可能性があります。この場合は、石の色が明るく鮮やかになっているかも。つまり実物はもうちょっと地味めです。

【肌の色】
人の肌はそれぞれ微妙に色合いが違いますが、さほど極端には違いません。手が写っているならその肌色を見ましょう。
何だか血色が悪い感じ……それは蛍光灯で撮っているかもしれません。蛍光灯はやや青(緑)がかって見えます。赤関係がくすみがちです。


◇デジカメの癖を見抜け
どんなにきちんとセッティングして実物に近く撮ろうとしても、なかなか難しいです。
たとえば……金ルチルを撮ると、全体が黄色っぽく、結果としてルチルの色が何割か増しできれいに見えてしまいます。
赤や青は派手目に写ります。
……つまり、金ルチルは「実物はもうちょっと地味」、カーネリアンやラピスラズリは「派手に写ってるかも」と考えた方が安全です。


 自分で直していいですか?
ブレスレットが切れてしまいました。自分で直しても問題ないでしょうか?
●ブレスレットが切れたら、専門家に直してもらった方がいいのでしょうか?


もちろん自分で直してOKです。

マクラメブレスやワイヤーを使ったものなど、直すのがちょっと難しそうだなというのもありますけど、直せるものなら迷う必要はないんじゃないでしょうか。

素人が直したりしたら、パワーが落ちるのでは……?

そんなこと言われたら、ブレスレットを自作する人はどうなりますか?
そもそも素人と素人じゃない人の区別ってどこにあります?
趣味が高じてネットショップを開く人もたくさんいます。そんな状態なのに素人も専門家もありません。
自分で直せばそれだけ愛着も湧くというもの。ゴムブレスの直し方はこちらをどうぞ。


切れたブレスを直しても良いものかどうか。

切れたことに意味があり、直すことで何か問題が起きるのでは?
……そう思うならやめておきましょう。
ただし、それは直してはいけないのではなくて、「もしかしたら」と疑いながら直したって石にも人にも楽しくないからです。
どっちかというと、問題が起きるなら切れたときで、直して問題が起きるというのも変だと思うんですが……。
私ならば、万が一、物理的な理由以外(身代わりになったなど)で切れたのだとしても、「切れた」ことでそれは終わり、
新たに結び直すことで、文字通り石との絆を結び直すのだと考えます。

 「この石にはもうパワーがない」と言われました
パワーが無くなっている。役目を終えた。良くない気が入っている。もう石が寿命である……。
そんなことを言われたら。


右から左へスルーしておしまいです。

「パワーがない」そう言った人にはそう感じられる(感じるように思われる)。それだけです。
持ち主さんにとっても同じとは限りません。
これらのことを理由に
「新しく石を買いましょう」というようなことを言われたら、
それは100%セールストークです。
(失礼を承知で断言!)
もしかしたら、本人はセールストークとは思っていなくて、実際そう感じている、だから善意で新しい石を勧めている……と
思い込んでいるかもしれませんが、同じです。

石について判断するのは持ち主さんです。判断するには自分で、自分の石を見て判断しましょう。
短時間見ただけの、あるいはネットでのやりとりで実際石を見てもいない他人の意見に左右されないようにしましょう。

長い年月をかけて大地の中ではぐくまれてきたものが、そんなに簡単に力を失い、命を終えてしまうものかどうか。
私は、持ち主さんがその石を好きである限り、石は力を失わないと考えてます。
ですから持ち主さんが「もう寿命だ」と聞いて、「やっぱり……」と石から心を離してしまえば、石は力を失うでしょう。(それでも新たな持ち主さんの元で、再び力を取り戻す可能性はあります)

もうひとつ。
「良くない気が入っている」
そういう人は、「気」とやらがわかるわけですね。だったらどうすればいいかもわかるでしょう。
仮にも占い師と自称する人だったりしたら、どう対処すればいいか、あるいはそれを何とか出来るのではないでしょうか?
それもせずにただ不安にさせるだけだったり、「新しい石を」ではうさんくさすぎます。

個人的には「良くない気」というのは、その人だけにそう感じられるもので、持ち主さんにとっても悪いかどうかはわからないと思ってます。
もしかしたら石が持ち主さんを護ろうとにらみをきかせていて、にらまれた人が「にらまれた、よくない気が入ってる」と感じてしまったのかもしれないではないですか。


石についてはとことんプラス思考でいきたいです……。

 原石とブレス、どっちのパワーが強い?


原石は、掘り出してほぼそのまま(洗ったり、割ったりはしています)なので、より「自然」に近い、磨かれたものは、それに比べるとさらに加工されているという違いでしょうか。

※タンブルなど磨かれていてもアクセサリーになっていないものを原石と呼ぶ場合もあります。
※原石も磨きも加熱や放射線、染めなどの加工の可能性があります。

どちらがよいかというと、これは考え方と好みだと思います。

原石は、より自然に近い。その方がパワーが強いという人もいますし、より「野生」で「荒い」、パワーが個性的だと考える人もいます。
形や大きさの面で持ち運びには不便です

磨いたものは、原石の比較的良い部分を磨きだしたと考えることもできます。
原石より磨くという加工を施されているので、その分野性的ではないけれど、パワーがまろやかで癖がないと言う人もいます。
大きさにもよりますが、持ち運びも可能なのでより身近であるとも言えます。

 クラスターも浄化が必要ですか?
クラスターは浄化派要らないという意見もあるし浄化すると言われていることもあるし。
どっち?


決まってないのでお好きなように。
浄化してあげたいなと思うならやりましょう。

浄化しないと効果がないのか、とか、浄化しないと念が籠っているかもしれないとか心配ならば、
さっさと浄化して心配を解消し、石を歓迎してあげてください、いち早く!
浄化より持ち主さんの心配の方が石にとっては悪影響だと思います。
さっさとその気持ちを浄化しちゃってください。

ただし、浄化の方法についてはクラスターならではの注意点があります。


●クラスターを浄化するときは

クラスターは複雑な形をしています。結晶と結晶の隙間があったり、別の鉱物が一緒にくっついている場合もあるでしょう。

なので、他の石以上に塩水浄化や塩に埋める浄化はお勧めできません。
塩がしみ込んだり入り込んだりします。

また、クラスターの結晶はしっかり溶けあってくっついているわけではないので、衝撃などで結晶が外れる場合もあります。
水洗いなどをする場合は、落としたり、ひとつの結晶を思ってぶら下げるなど
無理な力をかけないようにしましょう。

 石の相場っていくらくらい?
石の相場はどれくらいですか。


ピンキリで、相場といえるほどの参考値すらありません。


石の値段は、石の種類、大きさ、質、ブレスレットだったら使っている数で異なります。
人気が出たり、産出が減ったり、優目ヒーラーが目をつけると高くなります。
店の家賃や人件費や、利益などいしとは直接関係ないところでも簡単に上下します。

 有名な店で作ってもらった方がいいですか?


その方が楽しめるなら、有名な店でどうぞ。
有名で規模が大きい方がいろんな石を扱っていて、選択肢が増えるかもしれません。

……ただし、有名な店で作ってもらったから効果があるとは言えないかも。
パワーストーンのパワーというからには、石が持ってる力のことでしょう。
なのに、最終小売の店でパワーが左右されてしまうのなら、一体石のパワーって何なんだということになりませんか?

ネットで話題になっている、有名人も訪れている店で作ってもらって、ストロベリー・クォーツと言われたのにガラスのチェリー・クォーツだったという例もあります。

個人的には店じゃなくて、どれだけ持ち主さんが石を気に入るかの方が、ずっとずっと大切だと思います。


 直感で選んでしまったんですが……
石の知識がないのに直感で選んでしまったんですけど、いいでしょうか?


どうして心配しなければならないのか、さっぱりわかりません。
直感大いにOK!
石の意味や効果ばかり気にして石を見ていないような選び方よりずっとずっといいと思います。

 水晶は、産地によってパワーが違いますか?
どの産地が強いとかありますか?


違うといえば違うかも。
……というより、個人的には石は一つひとつ全部違うと思います。

たとえば、ブラジル産といっても、ブラジルは日本よりずっと広い国です。
いろんな場所で実に様々な水晶が出ます。

ブラジル南部やウルグアイではよく似たアメジストがとれますが、産地というなら産地が異なる水晶になるけれど、国境を定めたのは人間です。
いろんな国にまたがっているのに「ヒマラヤ水晶」とひとまとめにしてしまう場合もあります。

国産水晶のように細かい産地まで分かっているものだと、透明水晶が出る場所からちょっと離れたところで全く違うアメジストが出ていた……というのもわかります。

一体どうやって「産地が違う」と言えばいいのでしょう?


どの産地水晶がパワーが強いか……これも同じです。

一般的にヒマラヤ水晶が強い、いやブラジルだ……といいますが、同じ産地でもいろんな水晶が出ます。
ヒマラヤ水晶でもあんまりきれいではないものがあるし、産出量が少ないので名前が知られてないだけで、「おっ!」と目を引く素晴らしい水晶もあります。

店は、自分が扱っている水晶を「これはすごい!」と言いたいでしょう。
決まってないというより、とてもとても決められるものではありません。

 ブレスレットのビーズの数は奇数?
ブレスレットに使うビーズは奇数でなければならないと聞きましたが本当ですか?


中国では奇数は陽数で良い、偶数は陰数で良くないという考えがあるようですが、日本では「末広がりの八」など、偶数も好まれます。

そもそも2種類の石を交互に並べたデザインは、どうしても石は偶数になります。
奇数でなくてはならないのなら、こういうブレスレットはありえません。

また奇数がいいという意見も、ブレスレットに使う石の総数が奇数なのかそれぞれの種類で奇数なのか、奇数でなければならないなら石の種類も奇数でなくてはならないのかなど、意見はバラバラです。
「こうだ」という統一意見がないのに気にしても仕方がないと思います。


数にこだわった方が楽しめるならこだわればいいし、奇数に縛られると好きなブレスレットが作れないというなら無視しましょう。

 身に着けていないと効果は期待できない?
パワーストーンは身に着けていないと効果がないと言われました。
ブレスレットをたくさん持っているので、全部身に着けることができません。大丈夫でしょうか?


パワーストーンを浄化するためにということでクラスターやさざれが用いられます。
でもこれらはとても身に着けることができません。

でも、ブレスレットなどを浄化できるのですから、身に着けてなくても大丈夫と言うことになりませんか?


個人的には、持ち主さんが「効果ないんじゃない?」と心配する気持ちの方が影響すると思います。

 意味を知らずに持ってて大丈夫?
意味を知らずに買ってしまいました。大丈夫でしょうか?


ぜんぜんまったく問題ないです。

石の意味や効果は「この石はこれ」と決まってないし、店や本によって説明が違うこともしょっちゅうです。
新しく売り出された石だと、最初はどこを調べても説明がなくて、あとで説明が付けられるものもあります。

アメジストとラベンダーアメジストのように区別する場合しない場合がはっきりしない石もあるし、ストロベリー・クォーツのように、異なる石が同じ名前で呼ばれていたり、原石のエレスチャルとビーズのエレスチャルでは「こういう石がエレスチャル」という基準が違ってしまっているものまであります。

たとえ意味を知って買ったところで、別のところでは別の意味が付いているかもしれません。

大丈夫じゃなかったら、意味や効果も統一してなければ大変です。










間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。

いかがでしたか?
お役に立ったら
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO