フレームが表示されていない場合はこちらから。

366日の誕生日石

……というのがあるらしい。誕生石といえば月ごとに石を当てはめているもの。
それではなくて一年365日、うるう日もあわせて366日すべての日に石を当てはめているのが誕生石。
1997年に、斉藤貴子氏が考案したもので、日本オリジナル。たぶん、知らない人も多いと思います。
カレンダー式に紹介しているサイトがあって、覗いてみたら、原石も、カットしたのも、磨いたのも
とにかくいろいろラインナップされてます。(注、かぶっているところもあるので、正確に366種ではありません)
別説については以下を拝見しました。
別説1 こちら リンク先の左メニュー下「各種お知らせ」の中の「366日の誕生日の石」
上記斉藤氏の説も併記されていたので、それ以外を抜き出しています
別説2  こちら(海外サイト)……9日周期で繰り返しているっぽいです。
別説3  「守護石事典〜あなたを守り導く バースデー&ナンバー (早矢, CR&LF研究所 )」 
別説4 こちら ……9日周期で繰り返しているっぽいです。
何月何日の石が何であるかを抜出させていただき、それぞれの石の説明については必要以外書いていません。
意味などの説明は元サイト・本をご覧ください。
その石が何であるかわかりにくい、あるいは表記について疑問がある場合個人的ツッコミを入れています。


※ネットで検索しているとほぼ斉藤氏の説と同じなのに、一部違っている紹介が見られます。
それについては「※●●という説もあり」としました。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。


注意:KUROは鉱物系石好きでもあるので、ツッコミは鉱物よりになっているかもしれません。

特にツッコミするまでもない石のところは空白になっています。

長い表なので、見たい月をクリック!
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2月
2月1
ユーレックサイト
別説1: アメジスト
別説2: ルビー
別説3: スノーフレークオブシディアン
別説4: 強化:サンストーン
サポート:アメジスト
ウレクサイト、テレビ石。(参考)

石英ガラスの繊維を束ねて作ったフェイクもある。(着色されていない人工キャッツアイ)
水晶の仲間と紹介しているサイトがあったが、水晶とは全く別の鉱物。
6月30日は、ウレクサイトのキャッツアイ
2月2
ドロップ・パール
別説1: ダイヤモンド
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: モスアクアマリン
別説4: 強化:アイオライト
サポート:アメジスト
雫型をした真珠
2月3
ガーネット結晶
別説1: アマゾナイト
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
別説3: スターローズクォーツ
別説4: 強化:シトリン
サポート:アメジスト
ガーネットにはグロッシュラーやパイロープなどさまざまな種類がある。
結晶は、「ざくろ石」の名前の通り、結晶がくっつきあって柘榴の実のように見えるものもある。


別説1に補足:アマゾナイトは、ビーズでは着色のクォーツアイトがあるので注意 
2月4
バイカラー・アメシストセレスタイト(セレスティン)説あり

別説1: パール
別説2: ヘッソナイト・ガーネット
アゲート
別説3: ピンクフローライト
別説4: 強化:カイアナイト
サポート:アメジスト
アメシスト(紫)ともう一色が混じった水晶のこと。
アメトリン(アメシストとシトリン)やスモーキーとアメシストが混じったものなど。
アメシストと透明な水晶の場合はバイカラーといわないこともあるようす。
2月5
梅花石
※プラムストーン表記あり
※アズライト説もあり。
別説1: アズライト
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: フラワーアメジスト
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:アメジスト
古生代に生息していた五角海百合(ゴカクウミユリ)の茎の化石が密集した岩石。 福岡県の青浜海岸で産出し、天然記念物にも指定されているらしい。(参考サイト
他にも中国産などで、梅の花に見える模様の石に「梅花石」の名前が付いていることもある。化石(母岩込み)が多いようす。
2月6
スター・グレー・サファイア
別説1: トパーズ
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: サーペンティン
別説4: 強化:アメトリン
サポート:アメジスト
スターが出るグレーのサファイア。
コランダムの中で赤いものをルビー、それ以外をサファイアというので、グレーもある。
2月7
カンゴームモリオン(黒水晶)表記もあり

別説1: アゲート
別説2: ターコイズ
キャッツアイ
クリソベリル
別説3: ウォーターメロントルマリン
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:アメジスト
黒水晶のこと。または濃いスモーキー・クォーツ。
スコットランドのカンゴーム山脈で、黒水晶や濃いスモーキーが産出したことにちなむ。
某バイブルでシトリンの別名とされているが、間違いだと思う。
2月8
ルチルレイテッド・クォーツ
ゴールドルチルクォーツ(ゴールデンルチルクォーツ)する説あり
別説1: クリスタル
別説2: ブルー・サファイア
別説3: ハーライト
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:アメジスト
ルチル入り水晶。水晶中の針状結晶を、鉱物の種類にかかわらずルチル入りとすることがあるが、これは正しくないと思う。
金色に見えるルチル入りが有名。
いろいろなルチル入り水晶はこちら。
2月9
レッド・ジャスパー
別説1: ガーネット
別説2: レッドコーラル
ガーネット
別説3: ピンクメタモルフォーゼス
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:アメジスト
水晶(石英)のミクロサイズの結晶が沈殿してできたのがカルセドニー。カルセドニーの中で不純物が多く不透明になったのがジャスパー。
レッド・ジャスパーは、その名の通り赤みが強い。 
2月10
タイガー・アイ・クォーツ
レッド・ダイガーアイ説もあり


別説1: ジルコン
別説2: ルビー
別説3: レモンクォーツ
別説4: 強化:サンストーン
サポート:アメジスト
タイガー・アイはクロシドライト(石綿の一種)に石英が染みこんだものなので、大きくまとめて「クォーツ(水晶・石英)」の仲間とされることがあるが、普通は「クォーツ」を付けない。

10月26日と同じ。
別説3の補足:スモーキー・クォーツを加熱して黄色くなったものをレモンクォーツと呼んでいる場合があるが、このレモンクォーツは硫黄入りのこと。 
2月11
ウォーター・ウォーン
(さざれ石)


別説1: サードオニキス
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: プレナイト
別説4: 強化:アイオライト
サポート:アメジスト
さざれ石という説明になっているが、ビーズのさざれは、人工的に磨いたもの。
宝石鉱物の中には、川に流され、角が削られ、丸みを帯びた小石状で採取されるものがあり、それを指すと考えた方がいいのではないか。川流れと称されることもある。


右の石はタンザニア産
2月12
イエロー・スピネル
※スピネル説もあり
別説1: カーネリアン
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
別説3: ブラックスピネル
別説4: 強化:シトリン
サポート:アメジスト
現在は流通していないという話もあり
2月13
バイカラー・フルオーライト
別説1: ペリドット
別説2: ヘッソナイト・ガーネット
アゲート
別説3: エメラルド
別説4:  強化:カイアナイト
サポート:アメジスト
一つの石に2色が混じっているフローライト(蛍石)   
2月14
ピンク・オパール
別説1: ペリドット
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: ホワイトオーラクォーツ
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:アメジスト
不透明でピンク色のかわいい石だが、鉱物的にはオパールでないものもある。

右のペルー産は、オパールではなく、パリゴルスカイトという鉱物らしい。
2月15
ピンク・ジルコン
別説1: ダイヤモンド
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: スタウロライト
別説4: 強化:アメトリン
サポート:アメジスト
3月25日と同じ。天然ジルコンにはピンクはないらしい。

別説3:スタウロライトは和名を十字石。ご覧の通りの十字型だけど、まれに「*」状の結晶もある。
2月16
オレンジ・トルマリン
別説1: トパーズ
別説2: ターコイズ
キャッツアイ
クリソベリル
別説3:  ブルー・アンバー
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:アメジスト
はっきりした「オレンジ色」は少ないようす。

右のような色もオレンジ色に含まれていたりする。  

右はネパール産ドラバイト
2月17
タイガー・アイアン
別説1: アメジスト
別説2: ブルー・サファイア
別説3: セサミ・ジャスパー
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:アメジスト
タイガーアイにヘマタイトやジャスパーが混じったもの。主にオーストラリア産

右の写真は黄色い部分がタイガーアイ、赤い部分がジャスパー濃いグレーがヘマタイト
2月18
オレンジ・トパーズインペリアルトパーズ説あり

別説1: 翡翠
別説2: レッドコーラル
ガーネット
別説3: ジルコン
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:アメジスト
そのままずばり、オレンジ色のトパーズ。
ただし、インペリアル・トパーズと呼ばれている華やかな山吹色のトパーズをオレンジといっていたり、見た目赤いものを言っていたり、「この色」という決まりはないようす。
インペリアル・トパーズ(オレンジトパーズ)と書かれていることもある。
インペリアル=オレンジではないと思うのだが……。→
2月19
ォーター・ドロップ・クォーツ
別説1: ガーネット
別説2: ルビー
別説3: イエロー・アパタイト
別説4: 強化:サンストーン
サポート:アメジスト
水入り水晶のこと

水晶は、地下の熱水の中で成長するので、結晶中に(外に貫通していない)隙間があれば、たいてい水が入っていると思う。
ただし、水入りという場合は、隙間に気泡が見られ、確かに水が入っているとわかるものを指す場合がほとんど。
右写真は水晶の結晶内部のアップ。矢印の先端に気泡が見える。
2月20
オニキス(白&茶)
単にオニキスとしているところもある。
別説1: エメラルド
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: ブルーレースアゲート
別説4: 強化:アイオライト
サポート:アメジスト
ビーズでオニキスというと真っ黒なカルセドニーを指していることが多いが、本来は縞瑪瑙のこと。
この場合は、白と茶色の縞瑪瑙
2月21
角(ホーン)
別説1: ダイヤモンド
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
別説3: ポピージャスパー
別説4: 強化:シトリン
サポート:アメジスト
骨はボーン。念のため。
象牙は角ではなく字のごとく牙(歯)。
2月22
クォーツ・キャッツ・アイ
別説1: ブルー・サファイア
別説2: ヘッソナイト・ガーネット
アゲート
別説3: ブルートルマリン
別説4: 強化:カイアナイト
サポート:アメジスト
繰り返しになるが、キャッツ・アイは石の名前ではなくて、石を丸く磨いた場合などに猫の目のように一筋の光が現れる効果のこと。
水晶に現れる光の筋は六条(*)を見かけるが、たまに一条(キャッツ・アイ)のものもある。
ただし、ここで言われている石は、クォーツの結晶の中に繊維状の鉱物が内包され、シャトヤンシー(猫目)があらわれたもののことらしい。
2月23
ルビー
別説1: ガーネット
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: ローズクォーツ
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:アメジスト
コランダムの中で赤い色のものをルビーという。     
それ以外の色はサファイア。
2月24
ホワイト・パール
別説1: ダイヤモンド
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: ギベオン・ゴールド
別説4: 強化:アメトリン
サポート:アメジスト
真珠=白ではなくて、金色がかったもの、グレーっぽいもの、緑のニュアンスが見えるもの、ピンクがかったものなど、専門的にはいろいろな色合いに分けられる様子。



別説3に補足:ギベオンゴールドは、金メッキしたギベオンとのこと。
2月25
ファントム・アメシスト
別説1: 翡翠
別説2: ターコイズ
キャッツアイ
クリソベリル
別説3: サンダローザアゼツライト
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:アメジスト
アメシストの中にファントムがあるもの。色の違うファントム、濃淡によるファントムなどいろいろある。

右の写真は透明水晶の中にアメジストのファントムが入っているタイプ。
その他いろいろ集めてみました。
2月26
イーグル・ストーン
※イーグル・クォーツとしているところもあり

イエローフローライト説あり。
別説1: ブルー・サファイア
別説2: ブルー・サファイア
別説3: コーラル
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:アメジスト
ネイティブ・アメリカン(インディアン)の伝承で、鷲の巣の中に見つかる石……らしい。
イーグル・クォーツとしているところもあったが、意味しているところは同じ。
2月27
アメシスト&シトリン
アメジスト(雨塚山産)説あり
別説1: パール
別説2: レッドコーラル
ガーネット
別説3: ブルースピネル
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:アメジスト
アメトリン……のこと? それとも別々の石でアメシストとシトリン?

追記:加熱するとシトリンカラーに変化するアメジストのことだそうである。

アメジストを加熱しても、すべてが黄色くなるわけではないが、黄色くなるものを探すなら、ブラジル南部〜ウルグアイ産のものをどうぞ。

アメジスト(雨塚山産)……この雨塚山は 宮城県白石市にある紫山水晶の産地……なぜ産地指定?


2月28
コーラル(ムシクイ珊瑚)
※ただ「サンゴ」としているところもあり。
別説1: エメラルド
別説2: ルビー
別説3: コニャック・クォーツ
別説4: 強化:サンストーン
サポート:アメジスト
スポンジ・コーラルといわれる場合もある。加工のためにすきまに樹脂を含浸させていることも多いようす。


別説3に補足:コニャック・クォーツとはコニャック(ブランデーの一種)のような色をしたシトリンのこと。若干赤みを帯びた茶色っぽいシトリン。
2月29
ペリドットを含む隕石
日本式双晶(水晶)説あり

別説1: クリスタル
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: スコレサイト
別説4: なし?
石鉄隕石の一種。パラサイト隕石とも呼ばれる。
鉄-ニッケル合金中にペリドットが含まれている。
ロシア産のイミラック隕石などがある。……高い。
モルダバイト(パラサイト)としているところがあったが、モルダバイトはパラサイトではないので、念のため。
Page Top

長い表なので、見たい月をクリック!
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

一通りツッコミしてみて、いろいろ疑問。

●どのあたりが原石なのか?
 結晶形のを持つ標本が多い石はわかるが、多くが塊状で産出する石の「原石」とは? 
 ルースやアクセサリーに加工されていないもののことか? ことさらに原石という意味がちょっと不明

●グループ名が混ざっていたり
 パイロープやグロッシュラーという名前があるかと思えば、それらすべてを含むガーネットというところもあり。

●色指定あり、なし
 単にジルコンという日もあれば、ピンク・ジルコンと色指定がある日もあり。

●クォーツ・クリスタル?ロッククリスタル?
 
KUROの解釈では、どちらも同じ結晶形の水晶のことなのだが、何か違いがあることになっているのだろうか?
 そのほか、ビックスバイトとビキシバイトなど、同じ石(bixbite)の読み方違いと思われるものもある。
Page Top

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO