フレームが表示されていない場合はこちらから。

366日の誕生日石

……というのがあるらしい。誕生石といえば月ごとに石を当てはめているもの。
それではなくて一年365日、うるう日もあわせて366日すべての日に石を当てはめているのが誕生石。
1997年に、斉藤貴子氏が考案したもので、日本オリジナル。たぶん、知らない人も多いと思います。
カレンダー式に紹介しているサイトがあって、覗いてみたら、原石も、カットしたのも、磨いたのも
とにかくいろいろラインナップされてます。(注、かぶっているところもあるので、正確に366種ではありません)
別説については以下を拝見しました。
別説1 こちら リンク先の左メニュー下「各種お知らせ」の中の「366日の誕生日の石」
上記斉藤氏の説も併記されていたので、それ以外を抜き出しています
別説2  こちら(海外サイト)……9日周期で繰り返しているっぽいです。
別説3  「守護石事典〜あなたを守り導く バースデー&ナンバー (早矢, CR&LF研究所 )」 
別説4 こちら ……9日周期で繰り返しているっぽいです。
何月何日の石が何であるかを抜出させていただき、それぞれの石の説明については必要以外書いていません。
意味などの説明は元サイト・本をご覧ください。
その石が何であるかわかりにくい、あるいは表記について疑問がある場合個人的ツッコミを入れています。


※ネットで検索しているとほぼ斉藤氏の説と同じなのに、一部違っている紹介が見られます。
それについては「※●●という説もあり」としました。

間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。


注意:KUROは鉱物系石好きでもあるので、ツッコミは鉱物よりになっているかもしれません。

特にツッコミするまでもない石のところは空白になっています。

長い表なので、見たい月をクリック!
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

6月
6月1
アレキサンドライン・サファイア
別説1: パール 
別説2: ルビー
別説3: バリサイト
別説4: 強化:サンストーン
サポート:ムーンストーン

つまり、自然光では青に、人工光では赤〜紫に変わる、カラーチェンジ・サファイアのこと。
(366日の誕生日石の中で)アレキ型、アレキサンドライト○○、アレキサンドライン……表記がバラバラなのはいかがなものか。


追記:「サファイヤ同士の色の変化が重なった部分をいうのではなく、ルビーとサファイヤの発色が重なった部分をアレキサンドライン・サファイヤと言う」……という説明を見かけたが、どうだろう。
赤(ルビー)が混じったサファイアと言うこと?
6月2日
アンバー(透明)
別説1: クリスタル 
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: ダブルポイントクォーツ
別説4: 強化:アイオライト
サポート:ムーンストーン
琥珀は、樹脂製のフェイク、再生琥珀(溶かして固めたもの)、琥珀になりかけのコパル(ヤング・アンバー)などが間違われやすい。
※透明グロッシュラーが本では透明な「緑の」グロッシュラーだったことを考えると、単に「透明感のある」琥珀かもしれない。
6月3
逆四分ゴールド
別説1: オパール
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
ゴールデン・トパーズ
別説3: レッドガーネット
別説4: 強化:シトリン
サポート:ムーンストーン
18金の一種
金75%、その他の金属(銀や銅)25%で、この25%の内訳が銀6:銅5であるもの。
金75%、銀15%、銅10%の割合になる。
6月4日
オドントライト
別説1: ガーネット 
別説2: ヘットナイトガーネット
アゲート
別説3: アジャンタレインボー・クォーツ
別説4: 強化:カイアナイト
サポート:ムーンストーン
歯玉石。恐竜などの骨や歯の化石に、リン酸と鉄がしみこむことによって、トルコ石のような青色になったもの。

別説3:インドのアジャンタ周辺で見つかった水晶で、十リアの水晶のレインボーが内部のひびや表面が酸化物でコーティングされたことで出るのに対し、微細なファントムのような層状構造による、別の仕組みによって虹が出る。

この虹は、ファントム状に、表面ではなく内部(かなり表面の場合も多い)に見える。
6月5
クリソベリル・アレキサンドライト
別説1: ルビー
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: パイライト
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:ムーンストーン
そもそもアレキサンドライトは、クリソベリルの中で自然光と人工光によってカラーチェンジするもののこと。

わざわざクリソベリルと付けなくても、アレキサンドライトはクリソベリルの変種である。
6月6
トルマリンレイテッド・クォーツ(針入水晶)
別説1: アゲート
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: ブルー・オニキス
別説4: 強化:アメトリン
サポート:ムーンストーン
トルマリンの針状結晶が内包された水晶のこと。ビーズでブラックルチルといわれているものは、ほとんどが黒トルマリン(ショール)が内包されたものなので、トルマリン入り水晶のビーズが欲しい場合は、「黒ルチル」を探すと良いかも。
ちなみにトルマリン入りを「針入り」というのは間違いではないが、針入りという場合は針状である鉱物の種類を問わないので、ルチル入りも針入りということになる。念のため。
別説3:ブルー・オニキスで染めの縞瑪瑙を紹介しているところがあるが、元の本によると、アルゼンチン産のスカイブルーのカルサイトとのこと。

カルサイトが主成分の大理石で縞模様があるものを「オニキス」と呼ぶことがあるので、その流れだと思う……ということは、単に青いのではなくて縞模様があるべきでは?
6月7
ピンク・パール
別説1:  エメラルド
別説2: ターコイズ
キャッツアイ・クリソベリル
タイガーアイ
別説3: スモーキークォーツ
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:ムーンストーン
「真珠色」といっても比べると金色がかっていたり、ピンクや緑、シルバーのニュアンスがあり、いろいろな色味に分けられると聞く。
アコヤガイの真珠では、(天然で)ピンクがかったものが人気があり、高価らしい。
明らかに「ピンク」なものは染めだと思う。

このピンクパールが染めも含むかどうかは謎。
6月8
レイン状インクルージョン
内包アクアマリン

別説1: ブルーサファイア
別説2: ブルー・サファイア
ラピスラズリ
アメジスト
 
別説3: デマントイドガーネット
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:ムーンストーン
アクアマリン・ルチライトとも。
緑の繊維状(針状)?の内包物を持つアクアマリン……らしい。アクチノライト入り?
詳細不明。
6月9
バロックパール
別説1: ガーネット
別説2: レッド・コーラル
ガーネット
別説3: ホワイトオーラクォーツ
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:ムーンストーン
丸くない、不定形の真珠のこと。
6月10
クォーツ原石
別説1:  トパーズ
別説2: ルビー
別説3: ゴールデンカルサイト
別説4: 強化:サンストーン
サポート:ムーンストーン

1月29日がクォーツ・クリスタル、7月3日がロッククリスタル、10月2日がクォーツ。どうしてこんなに表記が違うのか。それとも意味するところが違うのか。
クォーツ(水晶・石英)原石とのことなので、結晶、塊状、どちらでも可、丸玉や磨き、ビーズは不可……と考えてみる。
6月11
ホワイト・ラブラドライト
別説1:  ダイヤモンド
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: チューライト
別説4: 強化:アイオライト
サポート:ムーンストーン
地色が白いラブラドライト。

レインボームーンストーンのこと。
6月12
マベ・パール
別説1:  コーラル
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
ゴールデン・トパーズ
別説3: ピンクロードクロサイト
別説4: 強化:シトリン
サポート:ムーンストーン
奄美大島以南の太平洋、インド洋の熱帯に生息する、真珠母貝の一種であるマベ貝から採取される、半円形の真珠。
核を母貝の内側に貼り付けて真珠を形成させるので、半円真珠となる。
6月13
ウンバライト(マラヤ・ガーネット)
別説1: スター・サファイア 
別説2: ヘットナイトガーネット
アゲート
別説3: ギベオン
別説4: 強化:カイアナイト
サポート:ムーンストーン
ケニアとタンザニア国境のウンバ川流域で産出した赤みを帯びた橙色のガーネット。ガーネットは、成分によっていろいろな種類に分けられているが、ウンバライトはほぼすべてのガーネットの成分を含んでいるらしい。
発見当初は人気がなく、現地でマライア(マラヤ)と呼んでいた。
その後、とても美しいものがあることがわかり(美しくないものも当然ある)、人気が出た。その際「マライア(スワヒリ語で屑、役立たずとか、娼婦の意味)」ではあんまりだというので、産地にちなんでウンバライトと呼ばれるようになった。 ウンバライト=マラヤ(マライア)ガーネットである。
6月14
フラッグ・インクルージョン
内包エメラルド
ビリディン(Viridine)説もあり。

別説1: パール 
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: クンツァイト
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:ムーンストーン
フラッグ・インクルージョン、つまり旗状のインクルージョンということ。なぜ、旗状!? と思ったらこの日は、アメリカの国旗である星条旗の誕生記念日だったらしい。
エメラルドは、インクルージョンが多い宝石ではあるけれど、でも、フラッグ・インクルージョンを持つエメラルドの写真は見つけられなかった……。

別説のビリディンは、マンガンによって緑色になったアンダリュサイトのこと。
6月15日 サードオニキスのカメオ
単にサードオニキス説もあり。
別説1:  ルビー
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: プラチナクォーツ
別説4: 強化:アメトリン
サポート:ムーンストーン
カメオは、異なった色の層を持つ石や貝などに浮き彫りしたもの。
この場合は、赤褐色と白が縞になったアゲート(瑪瑙)に浮き彫りを施したもの。

別説3のプラチナクォーツは、いわゆる「プラチナルチル入り水晶」のこと。独特の黒みを帯びたシルバーのルチル
6月16
ブルー・オパール
別説1:  エメラルド
別説2: ターコイズ
キャッツアイ・クリソベリル
タイガーアイ
別説3: オウロヴェルデクォーツ
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:ムーンストーン
オパールには虹色の遊色効果があるものと、それがないコモン・オパールがある。ブルー・オパールはコモン・オパールの一種。ペルー産がよく知られている。

青い遊色のオパールをブルー・オパールと呼んでいることもある。
6月17
カボッション・カットのアメシスト
別説1: ブルーサファイア
別説2: ブルー・サファイア
ラピスラズリ
アメジスト
別説3: ガレーナ
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:ムーンストーン
カボションとは、円形や楕円形のドーム状に磨いたカットのこと。参考サイト
6月18
ゴールド・ナゲット
別説1: ダイヤモンド 
別説2: レッド・コーラル
ガーネット
別説3: ターコイズ(丸玉)
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:ムーンストーン
塊状の自然金。……探しにくそう……。
6月19
ベール状液体インクルージョン内包サファイア
別説1: クリスタル
別説2: ルビー
別説3: ダーラクォーツ
別説4: 強化:サンストーン
サポート:ムーンストーン
液体がインクルージョンされる際、細かな粒状になることがあり、それが見た目ベール状に、見えるサファイア。
6月20
グリーン・フルオーライト
別説1: ブラッドストーン 
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: クリソコラ(タンブル)
別説4: 強化:アイオライト
サポート:ムーンストーン
グリーン・フローライト(蛍石)。
濃い緑、ほとんど透明に見える淡い緑などいろいろある。
6月21
サーペンテイン
別説1: ブルー・サファイア 
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
ゴールデン・トパーズ
別説3: ブルーカルセドニー(原石)
別説4: 強化:シトリン
サポート:ムーンストーン
サーペンティン(蛇紋石)。

淡い緑のニュージェイドがよく知られているが、蛇紋石の名前の通り、蛇皮のような模様の石もある。
6月22
サンストーン
別説1: ルビー
別説2: ヘットナイトガーネット
アゲート
別説3: ラピスネバダ
別説4: 強化:カイアナイト
サポート:ムーンストーン
長石にヘマタイトなど、キラキラ輝いて見える内包物が入っているもの。

時々、ガラスに銅の細かい欠片を混ぜた「ゴールド・サンドストーン(ゴールド・ストーン)がサンストーンとして売られていたりするので注意。
6月23
ルビー・イン・ゾイサイト
(アニョライト)

別説1: パール
別説2: エメラルド
アクアマリン
ジェイド
別説3: アクアオーラクォーツ
別説4: 強化:ターコイズ
サポート:ムーンストーン
よく、ルビー・イン・フックサイトをルビー・インゾイサイトといって売っているので注意。(詳しくはこちら

(アニョライト)とあるが、ルビー・イン・ゾイライソ=アニョライトではなく、厳密には、この石の緑の部分の別名がアニョライトである。
6月24
ウォーター・オパール
別説1: アクアマリン
別説2: ダイヤモンド
ホワイトサファイア
水晶
別説3: ピンクアゼツライト
別説4: 強化:アメトリン
サポート:ムーンストーン
地色がほとんど無色透明で、遊色効果を持つオパールのこと。
6月25
マラカイト原石
別説1: エメラルド
別説2: ターコイズ
キャッツアイ・クリソベリル
タイガーアイ
別説3: トライゴーニッククォーツ(原石)
別説4: 強化:ラピスラズリ
サポート:ムーンストーン
ブロッコリーのようなもこもこした形のものがよく知られている。
6月26
スペサルタイト・ガーネット
別説1: ブルー・サファイア
別説2: ブルー・サファイア
ラピスラズリ
アメジスト
別説3: ピンクトルマリン(結晶)
別説4: 強化:ルチルクォーツ
サポート:ムーンストーン
スペサルティンとも。
6月27
マルチカラー・トルマリン
別説1: ガーネット
別説2: レッド・コーラル
ガーネット
別説3: レモンクリソプレーズ
別説4: 強化:クリソプレーズ
サポート:ムーンストーン
3色以上の色が確認できるものをマルチカラーというらしい。
ビーズで、ひとつひとつはほぼ単色だが、一本の連やブレスレットに多くの色合いのトルマリンビーズを使ったものを「マルチカラー・トルマリン」という場合があるが、それでも良いのだろうか?
6月28
ブルー・ジルコン
別説1: ダイヤモンド
別説2: ルビー
別説3: オレンジセレナイト
別説4: 強化:サンストーン
サポート:ムーンストーン
淡い黄色や無色のジルコンを、加熱処理している。
6月29
ジャスパー
別説1: トパーズ
別説2: ムーンストーン
パール
別説3: フリントストーン
別説4: 強化:アイオライト
サポート:ムーンストーン
(目に見えないくらい)微細な石英の結晶が集まった石のうち、不純物によって不透明になっているもの。
多彩な模様・色があり、いろいろな名前が付けられている。
○○ジャスパーという名前で売られていても、厳密にはジャスパーではないものも多い。
別説3:本では旧ナイルの川痕で採取される火打石とあるが、火打石という種類の石があるのではなくて、目的にかなう性質ならば複数の種類の鉱物が火打石として使われる。
ここでは、鉱物的に言うならチャートという石のこと。
チャートならばエジプト以外でも採れる。

右のフリントはポーランド産
6月30
ユーレックサイト・キャッツ・アイ
ペリステライト説あり
別説1: ムーンストーン 
別説2: イエロー・サファイア
シトリン
ゴールデン・トパーズ
別説3: オリーブクォーツ
別説4: 強化:シトリン
サポート:ムーンストーン
ユーレックサイトはウレクサイトテレビ石の名前の方が知られていると思う。
細い繊維状の結晶が束になった石なので、結晶を横(側面)から見るとキャッツアイ効果が望めるが、そのようにカットして磨いた石があるのだろうか。
「テレビ石」には人工的に作ったフェイクもある。
Page Top

長い表なので、見たい月をクリック!
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

一通りツッコミしてみて、いろいろ疑問。

●どのあたりが原石なのか?
 結晶形のを持つ標本が多い石はわかるが、多くが塊状で産出する石の「原石」とは? 
 ルースやアクセサリーに加工されていないもののことか? ことさらに原石という意味がちょっと不明

●グループ名が混ざっていたり
 パイロープやグロッシュラーという名前があるかと思えば、それらすべてを含むガーネットというところもあり。

●色指定あり、なし
 単にジルコンという日もあれば、ピンク・ジルコンと色指定がある日もあり。

●クォーツ・クリスタル?ロッククリスタル?
 
KUROの解釈では、どちらも同じ結晶形の水晶のことなのだが、何か違いがあることになっているのだろうか?
 そのほか、ビックスバイトとビキシバイトなど、同じ石(bixbite)の読み方違いと思われるものもある。
Page Top

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO