フレームが表示されていない場合は雑学辞典TOP→左メニュー「チャクラ・星座の石」→その他いろいろ

干支の石

いったい誰が考えたんだろう……?
干支 対応している石
琥珀、シトリン、トパーズ、クリソコラ、ピンクジャスパー、ルチルクォーツ、
真珠ムーンストーン、エレスチャル、ルビー、エメラルド
タイガーアイキャッツアイ(クリソベリル?)、金
翡翠エメラルド、ムーンストーン、ネフライト、オパール、アベンチュリン
カーネリアンガーネット、サンストーン
黒真珠オニキス、ヘマタイト、モルダバイト、アメジスト、銀、トパーズ
サードオニキスルビー、ローズクォーツ、アゲート、ラピスラズリ、カーネリアン、天眼石
紅珊瑚インカローズ(ロードクロサイト)、ペリドット、真珠
水晶オパール、アベンチュリン、白珊瑚、キャッツアイ
シトリントパーズ、イエロー・アゲート、ブルーレース・アゲート、インカローズ(ロードクロサイト)
アクアマリン、アゲート
ラピスラズリサファイア、ターコイズ
紅翡翠ローズ・クォーツ、インカローズ(ロードクロサイト)、ルビー、スギライト、ジェード(翡翠)

裏干支というのもあるらしい……
左図のように十二支を円に並べたとき、反対側に当たるのが「裏干支」。あなたが子年なら、裏干支は午です。
裏干支のものは、本来の干支のものが正面から守ってくれるならば後ろから守ってくれる、足りないものを補ってくれるということなんだそうです。

本来の干支と裏干支のものを持つと、前後からばっちり守ってくれるので縁起ががよろしい……とか。


このほか、誕生日石、干支の石、星座の石、チャクラの石、ルーンの石など
いろいろなものに当てはめられた石があります。
くわしくは左メニュー「チャクラ・星座の石」から選んでください。
左メニューが表示されていない場合は雑学辞典TOPから

最後に

このようにいろいろなものにあてはめられた石を挙げているのは、きっかけと選択肢を増やすためです。
ときどき、「ある石が好きなんだけれど、自分の誕生石ではない、持つといけないのだろうか……?」という質問がありますが、そんなことはありません。

誕生石のようなものは色々ある石から選ぶ際のきっかけのようなもの。
自分を守護してくれる石なんだって、というプラスαのわくわくを楽しむための理由づけみたいなものです。
持ちたければ、関係なく持てばいいと思いますが、どうしても気になって……という場合には、誕生石ではないけれど、星座の石だと当てはまる、とか、実は自分の干支の石だった、メディスン・ホイールで見たらぴったりだった……ということがあるかもしれません。

たくさん挙げておけば、ひょっとするとどれかにあてはまるかもしれない。
そんなことでやってみました。

「たくさんあるとどれがいいか迷ってしまう」「どのあてはめ方でも、好きな石が自分に当てはまらなかった」
……そんな場合には、ちょうどいい理由があります。
「惹かれた石が、必要な石」

「どうすればいい?」「こうしてはダメなの?」そんなに心配なら、張り切って理由を探しましょう。きっと何か出てきます。
私なんか、自分の星座の「アンラッキー・ストーン」なるものが何と大好きな石の一つでしたが、「じゃあ、これを持つといけないのか?」などと迷いはしませんでした。「アンラッキー・ストーンを好きになって味方に付ければ無敵かも!」……それでおしまい。
それくらい脳天気に考えた方が絶対楽しいはずです。

石は心配するものではなく楽しむものなので、このページが楽しむためのお役に立てば幸いです。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO