フレームが表示されていない場合は雑学辞典TOP→左メニュー「チャクラ・星座の石」→その他いろいろ


記念日の石

金婚式や銀婚式の石バージョン!? スイート・テン・ダイヤモンドは有名ですね。
お店の戦略に乗せられているような気がしないでもありませんが、何かのきっかけになれば。

年数 対応する石
1年目 ピンクトルマリン、金のジュエリー、ペリドット淡水真珠、モルガナイト(ローズベリル)
2年目 ペリドット、ガーネット、ローズクォーツ、クリスタルガラス
3年目 トルコ石、パール、翡翠、水晶、クリソプレース
4年目 アクアマリン、トパーズ、ブルー・トパーズ、ブルー・ジルコン、アメシスト、ムーンストーン
5年目 シトリン、サファイア、ピンク・トルマリン、カーネリアン
6年目 淡水パール、アメジスト、ターコイズ、ガーネット、ペリドット 
7年目 イエロー・サファイア、オニキス、ゴールデン・ベリル、クリソライト 
8年目 パライバ・トルマリン、トルマリン、タンザナイト、オパール 
9年目 ピンク・ゴールド、ラピスラズリ、アメジスト、グリーン・スピネル、タイガーアイ、シトリン 
10年目 ダイヤモンド(スイート・テン・ダイヤモンド)ブルー・サファイア、ブラックオニキス、ターコイズ
11年目 トルマリン、ターコイズ、シトリン、イエロー・ジルコン、ヘマタイト、ガーネット 
12年目 アゲート、翡翠、オパール、瑪瑙、アメジスト 
13年目 ムーンストーン、シトリン、ホーク・アイ、シトリン、アゲート
14年目 モスアゲート、オパール、アゲート、ブラッド・ストーン、モスアゲート、象牙
15年目 水晶、ルビー、ロードライト(ガーネット)、アレキサンドライト、トパーズ
16年目 トパーズ、シトリン、ペリドット、レッド・スピネル、アクアマリン
17年目 アメジスト、カーネリアン、シトリン
18年目 ガーネット、クリソベリル・キャッツアイ、アクアマリン、オパール
19年目 ジルコン、アクアマリン、アルマンディン(ガーネット)、トパーズ
20年目 オパール、アベンチュリン(緑)、エメラルド、イエロー or ゴールデン・ダイヤモンド
21年目 アイオライト
22年目 スピネル
23年目 サファイア、インペリアル・トパーズ
24年目 タンザナイト 
25年目 銀(銀婚式!)
26年目 スター・サファイア(青)
 
30年目 真珠、ダイヤモンド 
 
33年目 アメシスト
34年目 オパール
35年目 珊瑚、翡翠、エメラルド
 
38年目 ベリル 
39年目 キャッツアイ
40年目 サファイア、ルビー
 
45年目 ルビー、アレキサンドライト・キャッツアイ、サファイア 
 
50年目 金(金婚式!) 
 
52年目 スタールビー 
 
55年目 エメラルド、アレキサンドライト 
 
60年目 ダイヤモンド、イエロー・サファイア 
 
65年目 スターサファイア(グレー)
 
67年目 スターサファイア(紫)
 
70年目 サファイア、ダイヤモンドとプラチナ
 
75年目 ダイヤモンド 
 
80年目  ダイヤモンドと真珠 
 
85年目  ダイヤモンドとサファイア
 
90年目 ダイヤモンドとエメラルド
 
95年目 ダイヤモンドとルビー
 
100年目 10カラットのダイヤ


このほか、誕生日石、干支の石、星座の石、チャクラの石、ルーンの石など
いろいろなものに当てはめられた石があります。
くわしくは左メニュー「チャクラ・星座の石」から選んでください。
左メニューが表示されていない場合は雑学辞典TOPから

最後に

このようにいろいろなものにあてはめられた石を挙げているのは、きっかけと選択肢を増やすためです。
ときどき、「ある石が好きなんだけれど、自分の誕生石ではない、持つといけないのだろうか……?」という質問がありますが、そんなことはありません。

誕生石のようなものは色々ある石から選ぶ際のきっかけのようなもの。
自分を守護してくれる石なんだって、というプラスαのわくわくを楽しむための理由づけみたいなものです。
持ちたければ、関係なく持てばいいと思いますが、どうしても気になって……という場合には、誕生石ではないけれど、星座の石だと当てはまる、とか、実は自分の干支の石だった、メディスン・ホイールで見たらぴったりだった……ということがあるかもしれません。

たくさん挙げておけば、ひょっとするとどれかにあてはまるかもしれない。
そんなことでやってみました。

「たくさんあるとどれがいいか迷ってしまう」「どのあてはめ方でも、好きな石が自分に当てはまらなかった」
……そんな場合には、ちょうどいい理由があります。
「惹かれた石が、必要な石」

「どうすればいい?」「こうしてはダメなの?」そんなに心配なら、張り切って理由を探しましょう。きっと何か出てきます。
私なんか、自分の星座の「アンラッキー・ストーン」なるものが何と大好きな石の一つでしたが、「じゃあ、これを持つといけないのか?」などと迷いはしませんでした。「アンラッキー・ストーンを好きになって味方に付ければ無敵かも!」……それでおしまい。
それくらい脳天気に考えた方が絶対楽しいはずです。

石は心配するものではなく楽しむものなので、このページが楽しむためのお役に立てば幸いです。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO