ネパール  ガネーシュ・ヒマール  カンチェンジェンンガ  ガウリシャンカール  エベレスト アンナプルナ  ジャジャルコット 
ラスワ、ジュゴール カンジロバ ダウラギリ マカルー サイパル マナスル
 インド クル・マナリ ナイニタール ラダック アイスクリスタル  ダーラ パルギ
 その他 ブータン チベット パキスタン 地図 山データ
 写真:クル・マナリ  ・  ・ 3 
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

インド産ヒマラヤ水晶いろいろ・3
個性的な結晶

柱面凸凹タイプ。
レムリアンシードのようにシャープな横筋ではないが、明らかに柱面が横筋でこぼこ。二つ見つけたということは、こういうタイプの結晶があるのだと思う。
マニカラン産でアイスクリスタルの産地の近くで少しだけ採れたと言われた水晶。
溶けているようで溶けていないようす。
左の写真水晶に似ているような気がする。

アナターゼ付き ちょっとグリーンシトリン? ファーデン!
アナターゼ(アナテーズ・鋭錐石)付き。最近アナターゼ付きのヒマラヤ水晶を見かけるようになった。
表面にぱらぱらごま塩のように散っている。内部にうっすらルチルのようなものが見えるのがある。)
ネパールでもインドでもヒマラヤ水晶のシトリンは見かけない。しかし、この水晶は、ほんのり緑がかったような淡い黄色。
チベットのカイラスで、玉露のような黄緑の水晶が出たとか、インドでも透明感のある緑水晶が出たという噂を聞くので、これもその一種か
出ました、インドでファーデン。
ネパールやスイス、パキスタンなど、アルプスーヒマラヤ造山帯で出るのだから、インドだってと思っていたら、やっぱり。

くっきりはっきり、間違いようのないファーデンです。
マニカラン産。

個性派ポイント・クラスター
  おとなしそうに見えて、実は個性派もいる。
ぞわぞわぞわ……という感じでセルフヒールド。
画面下の「断面」には、小さなポイントがまるで「剣山」のように生えている。

ややクリームがかっているが、クリアでグラウディング・フェイス微細な結晶が集まったような母岩もインド産ヒマラヤの特徴の一つ。ナイニタール産
素直な形。スモーキーと言うほど濃くはないが、かげりのある色。ポイントは淡い3つのホットスポット。
薄っぺら〜なポイント。割れたかけらのように見えて完全結晶。
ポインターを乗せると薄さがわかります。
板状の結晶を母岩に小さな結晶が「生えている」クラスター。ややクリーム色。 細い結晶が束になっているような個性的なクラスター。一部、結晶の隙間に酸化鉄が入り込んで色づいている。
   
 曲がり水晶付き。 クラスターの下に緑のカルセドニーがありそれが透けて緑に見える水晶。
北インド産だと言うことだが……?
 
 

写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO