写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

水晶ヘッド


 




水晶でおそろい

ヘンプのチョーカーとネックレスです。
別の店、別の時期に買った水晶の三日月型と十字架のペンダントヘッド(ビーズ)があったので、重ねても単独でも着けられるようにつくってみました。
大きさは三日月型の方が長さ3センチ、十字架の方が4センチです。
ペンダントヘッドとしては大ぶりですが、透明なので圧迫感はありません。
どちらも手で磨いたものとおぼしく、大らかでやわらかい形をしています。
さらには、こっそり虹も出ます。

こんな作りのビーズなので、革や鎖よりも、ヘンプの方が似合うはず。
ヘンプも中間色を選び、銀と銀引き(透明で中が銀色)のビーズを編み込みました。
大きくても透明なので強い色や中途半端に大きいものを会わせると、バランスが取れないのではないかと思ったからです。
「丸大」と呼ばれる大きさのビーズなので、光が当たれば控えめにちらちらキラキラ光だけを補ってくれるはず。
三日月チョーカーの方は、ビーズを留め具にしていますが、十字架の方はシルバーの大きめビーズで、長さが調節できるようになっています。

ヘンプは、実はこういう使い方をするため用ではなくて、編み物に使うものを利用しています。
ヘンプ編みのものは、最近中間色が出てきましたが、まだまだ派手なものが多くて、使いにくいことがあります。今回の場合、生成ではおとなしすぎて、全体が沈んでしまいそうでした。
そこで目を付けたのが手芸店の編み物&刺繍コーナー。
冬場は毛糸で溢れるコーナーも、夏場は規模が縮小されています。
そこを覗くと……ありました。編み物用のヘンプ。そのほか、刺繍用のリネン糸も使えます。
他にも笹の繊維の糸があったり、色も豊富。編み物用で服にするだけあって、微妙な中間色もそろっています。しかも、さほど色落ちもしないはず。
以前、藍染めのヘンプを買ったら、編むだけで指が青くなりました。こんなものでは、とても身につけられません。さらに、編み物用なら長さも十分です。
ヘンプ探しにお困りの際は、編み物&刺繍コーナーも覗いてみて下さい。


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO