・ 2 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

太母(Great Mother)への誘い



幾重にも重なる瑪瑙の色合いは、「瞑想」という言葉をイメージさせる、静かで奥深い神秘。
もちろん、天然色合いか、少なくとも自然に見える色合いであることが条件です。
今回惹かれたのは、中心部はややクリーム色。周辺部は黒に近い茶色。
昨今アクセサリになっているオニキスと言えば、ほとんどが着色です。
しかるに、この瑪瑙は「天然色」と明記してあったので、思わず手に取りました。
もっときれいな色合いの瑪瑙もありましたが、このとき心を惹きつけたのは、幾重にも重なる夜の色。これは天然のオニキス……と言ってもよいものか。
そこにレンズを向けてみると……


 

それは、まるで豊かに深い大地の色、重なり広がる大地の響き。

 

単純なのに目が離せない美しさ。

 

頭に浮かんだのは「太母(たいぼ)」という言葉。
「母なるもの」のイメージ。

黒い瑪瑙を「オニキス」と呼ぶことがあり、
「こわい」だの「悪いことが起こる」などと言う人がいる。
誰か言い出したのかわからない、そんな意見に影響される人もいる。

自然が生み出したものの、どこが恐いというのだろう。
この美しさのどこに、恐ろしさがあるのか
恐ろしさは、むしろ人が生み出したものだ。

写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO