写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

石写真のお・ま・け

私もブレスレットを委託販売なんかしていたりして、「売る側写真」を撮っていたりしますが、
基本は「写真を見て買う側」の立場。
写真を撮りながら写真を見て買う者として、ちょっとお願いが……。
ここを見てくださったショップ様がいらっしゃったら、一考いただけると幸いです

間違っているところがあったら 掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄にてご指摘ください。

ショップ写真にお願い。

私が石にはまり始めた頃に比べると、ネット上の石ショップの数は雲泥の差、いやもっと違う「月とスッポン」。ネットで石を買う人も増えました。
個人的には「実物を見てさわって買いたい」派なのですが、「これは!」という石があればもちろんネットでも買います。買う買わないに関わりなくネットショップを覗いてみたりします。

そこで、ショップ写真
(原石の場合)でお願い。
商品写真ですから明るさやピントがきちんとしているのはデフォルトとして、それ以外で少し。
商品写真の準備が意外に面倒だというのも身にしみてわかっているんですが、それでもお願いします。

手に持った写真もあるとうれしい
 商品説明には、たいてい大きさがかかれていて、時にはグラム数もかかれています。
 それでも、商品(原石)の大きさをイメージするのは意外に難しい。 ピントがきっちり合い、マクロ写真のおかげでスケール感が出ている写真だと、実物以上に大きく見えて、欲しい気持ちも手伝って大きく思えてしまうのです。で、届いて「あら?」とびっくり、画面の数値と比べて、改めてこんなに小さかったのか……ということも。
 ですから商品の詳細写真で手に持った(のせた)写真もあると助かります。
 硬貨や定規の対象物を写し込む方法がありますが、手との比較が見る方にとっては一番手軽。 だって実物の「手」が絶対そばにありますから。(手の大きさは人によって違いますが、そこは脳内補完)

詳細写真は大きめに
商品が小さめ画面で一覧で並び、詳細は別画面で……という構造のショップさんも多いです。
ところが、ときに「詳細」をクリックして現れた写真が、一覧写真とほとんど変わらない大きさのときがあります。これは、残念!
詳細がもっとわかるだろうと期待してクリックしているだけに、よけいにがっくりです。
せっかく別画面で開くのですから、大きめ画像をお願いします。

シンプル写真も一枚は
私はシンプルな背景の写真しか撮れませんが、ショップさんでは小物や植物と一緒に写した、雰囲気たっぷりの写真も見かけます。
それはそれで目に楽しいのですが、一枚はシンプル背景の写真も欲しいかも……。
時々、一緒に写っている植物や小物が石越しに透けて見えていて、「これは内包物か、小物か」と迷うことが。
なので、一枚だけでもいいのでシンプル写真を。



こっそりリンク集

石写真を撮るに当たっては、撮っている間に「こうかな?」「こうすればいいかな?」と工夫することが多いですが、時には「写真の撮り方」も参考にします。
特に「オークションの商品の撮り方」は、「小さな物を撮る」という点で共通点が多く、参考になります。
ネットで検索していて見つけたサイト様をこっそりリンク。


超簡単写真講座
オークション商品を撮る
商品写真撮影のツボ
これで納得! 商品撮影入門
デジカメのツボ.jp
毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版
目からウロコの商品撮影
ジュエリーの撮影方法


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
     
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO