写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

ミネラルショー、ファーストステップ

初めてミネラルショーにチャレンジ!……という方へ。
参考になれば幸いです。

まずは日時をチェック!

何はさておき、いつ・どこでミネラルショーが行われているかを知っておかなければ、チャレンジすることもできません。
東京では6月初旬の東京国際ミネラルフェア(新宿ショー)、12月中旬の東京ミネラルショー(池袋ショー)の2つが双璧。そのほか、10月にはアクセサリー系が多いアート&ジェム展(IMAGE展)があり、最近はそのほかにも小規模イベントが行われるようになってきました。各イベントはインターネットで日時の情報が得られるのでチェックしておきましょう。
東京以外では、京都・大阪・名古屋・札幌などでミネラルショーが行われています。

TIMAホームページ(東京国際ミネラルフェア、アート&ジェム展)
東京ミネラルショーホームページ
MFAホームページ(MFA展、石探横丁)
ミネラル・ザ・ワールドホームページ
そのほか、こちらのサイトさんが、ミネラルショーの情報を掲載されています。
各ホームページにリンクされているので便利!


残念ながら入場料が必要です……

東京のおもだったショー(新宿・池袋・IMAGE)は、残念ながら入場料が必要です。案内はがきを持っていくと割引があったり、池袋ショーでは一度チケットを買うとその年の会期中はそれで入場できたりします。
入場料が必要なショーでは、会場の出入りに半券が必要ですので、なくさないようにご注意を〜。

初日は混雑します。

新宿・池袋・IMAGEのミネラルショーは、たいてい金曜日から週明け月曜日(火曜日)までの3〜4日間。
新宿・池袋の初日は、石好きさんが駆けつけるので、開場前に行列ができるほど混雑します。
初めてで何がなにやら……という場合は、月曜日の方がゆったり見られるかも。
お買い得の石、珍しい石は、さすがに売れてしまうでしょうが……。

どうしても欲しい石がある、ミネラルショーの熱気を体験したい! という場合は初日にGO!

最終日午後は早め店じまいも

最終日には、値引きしてくれるといわれています。
だた、どのお店も気前よく割引セールをしているかというとそうではなく、割引交渉すればしてくれるところもあるという感じ。
特に、大きな石を持ってきている海外業者さんは、持って帰るのも大変なので割引してくれる可能性が高いです。
ただし、最終日の午後には早々と店じまいして、帰国の準備をし始める店もあるので、値引きねらいだからといってのんびり参加すると、ちょっと危険です。


ほとんどは鉱物ショップさんです

パワーストーンブームの昨今ですが、ミネラルショーに出店されているのは多くは鉱物ショップさんです。そこに「アゼツライトありますか?」のようにパワーストーン名を出してしまうと「え?」と怪訝な顔をされることも。
すぴこん(スピリチュアル・コンベンション)のようなイベントではないので、店頭で石に手をかざして「パワー確認」などをしたりすると、周りの人もびっくりします。
また、お客に合わせてパワーストーンの説明を付けていたりする場合もありますが、パワーストーンショップではないので間違っていることもあります。
逆にパワーストーンとして買うと高い石が、意外に安く売られていたりするので、パワーストーンの名前が付いた石が、鉱物では何というのか、どこで採れるどういう石なのかを知っておくと、掘り出し物が見つかるかもしれません。


ミネラルショーの品揃えとしては原石、化石、丸玉、タンブル、ビーズ、アクセサリー(ブレスレット含む)などいろいろです。

まずは見物でも

(東京の場合ですが)初めてミネラルショーに足を踏み入れると、会場は広いし、人は多いし、店はいろいろ入り交じっているし、何が何やらどこがどうなっているやらさっぱりわからないと思います(私はそうでした)。
いろんな石がたくさん、しかも安くあるに違いない……と期待してきたのに、会場に入ったとたん、そこで立ちすくむことになるかもしれません。目的の石があっても、それがどこに売っているのかさっぱりわからないので、同じこと。
そこで……まあ、まずは、会場を一周してみてはどうですか?
チケットを買うとパンフレットがもらえます。そこには会場図が載ってます。どこを見てどこを見ていないかわからなくならないよう、順序を決めて、まずは会場をぐるっと一周。
「いいかも」と思った店は覗いてみてもいいし、会場図に印を付けて後でもう一度チェックしてみてもいいでしょう。
初日、行列で開場を待ち、オープンとともに駆け込んで、掘り出し物をゲット!……などというミネラルショーレポートを見かけますが、あれはミネラルショーに慣れて、自分の目当ての石を扱っているであろう石屋さんがどのあたりにいるかわかっているような、ベテラン石好きさんに可能な荒技。
2,3回ミネラルショーに通えば、たいていようすはわかってくるので、最初は見物気分で楽しみ、気に入った石が買えたらラッキーと思った方が気が楽です。

イベント会場ですから

実店舗できれいにディスプレイされているようなわけにはいきません。中には、照明器具や棚を持ち込んで、きれいに並べているところもあって、そういう店を見たくなるかもしれませんが、逆に、少々素っ気なくころころ石を並べている店の方が、掘り出し物があるような気がします。
また、店によっては石の名前さえ書いてないところもあります。お店のラベルや説明を頼りに石を買う……というわけにはいかないので、ご注意を。


海外業者から買うチャンス!

ミネラルショーには、海外業者さんも出店されます。そういう業者さんは、ロシアの石を扱っていたり、隕石やモルダバイトの専門業者さんだったり、いろんな石をまんべんなく扱う日本の業者さんとはひと味違います。
そういうところこそ、おもしろい石あり。
英語が……という心配はご無用。身振り手振りと日本語で何とか通じます。(私は英語が大の苦手ですが、なんとかなってます)通訳ができるスタッフがいるお店もあります。


リサーチも重要

ネットショップでは、石の説明をその場で確認したり、気になった点を検索したりできますが、会場ではそんなわけにはいきません。石の名前が表示されていない場合も多いです。
つまり、自分で見つけて、自分で判断して(石の名前を店の人に聞いたとして、それで良しとするかの最終判断は自分です)買わなくてはなりません。
パワーストーンで有名な石が、別の名前(鉱物名など)で売られていることも多いです。
欲しい石があるのなら、ネット上ではいくらくらいか、鉱物名は何か、ある程度リサーチしておくと心強いです。


取り扱い注意

ミネラルショーではいろいろな石を手に取ってみることができるのが魅力!
でも、落としたりぶつけたりしないように注意。
逆に、並んでいる石に傷が付いていたりすることがあるので、買う前には要チェック。

間違い情報や偽物のスリルもあり

残念ながら、お店の説明が間違っていたり、偽物・加工品が出回っていることがあります。
そういう「スリル」も含めて、ショーを楽しみましょう……。
数を見ることは最大の勉強です。

ミネラルショーはオトクか?

高いか、安いか。
これは、たとえばネットショップで買うのか、オークションで落札するか、意味や「プログラミング済」まで含めるか……など、買う側の状況がいろいろなので、簡単には言えませんが、私が見る限りの実店舗やネットショップ(オークションは含まず)の中では安く手に入る石もあると言えるのではないでしょうか。
しかし、ミネラルショーに行くにも交通費がかかり、会場では自分が欲しい石を「検索」というわけには行かないので、「安く」「必ず」手にはいるかというと、ちょっと微妙かも知れません。

最終兵器はマンパワー!

ミネラルショーに初参加!……まあ、とにかく会場をぐるぐる歩いていろんな石を見てください。お店の人と話をしてみてください。他の人がお店の人と石の話をしていたら、ちょっと耳を傾けてみてください。
お店の人でも、お客さんでも、くわしそうだなと思ったら「ちょっとお聞きしてもいいですか……?」と話しかけてみてください。
もし、知り合いに石好きさんの先輩がいるなら、その人と一緒に会場を回れば心強いこと間違いなし。会場で新たな石友達に巡り会うのも楽しいです。


私などは、ミネラルショーでは楽しくてハイになっているので、声を掛けてくだされば、喜びます。
「この石いいよ〜、この値段じゃ滅多にないよ〜(ウヘヘヘヘ)」、とお店の回し者のような「悪魔のささやき」の危険もありますが。


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO