ブラジル産 ファントム・クォーツ

発掘気分





 見つけた!

知り合いの石好きさんに連れて行っていただいた石屋さんでたくさんある石の中から選び出した石です。
石屋さんには、厳密にチョイスされた石が並ぶお店もあれば、文字通り玉石混淆なお店もあります。

あたりはずれなく一定レベル以上の石を見ることができるのは前者です。
一定レベル以上、と書きましたが、もちろん石のパワーのことではなく、結晶の形のバランスやダメージのあるなしということです。
バランスが良くダメージの少ない石はきれいですが、割れていたり、表面がこすれて透明感がイマイチで野性的な石も、よく見るとなかなか魅力たっぷり。

たくさんある中から「これぞ」というひとつを見つけるのは、ちょっとした
発掘気分♪

そんな発掘気分で見つけた石がコレ。
お店がブラジルの石をあつかうお店なので、おそらくブラジル産だろうと思っているのですが、見かけで言うと中国産っぽい雰囲気のDTポイントです。
表面に付着した酸化鉄っぽいものでシトリンのように写ってしまいました。

ワイルドな雰囲気も魅力ですが、この石を選んだ理由は石の中にあります。
クラックでなかなか見分けにくいのですが、
中に二重のDTファントムが入っています。

なかなか写真に写ってくれないので、同じ写真にラインを入れてみました。

いかがでしょう?

こういう石を見つけると、思わずにんまり。
だから、お店の隅さがしはやめられないのです。

(2005年3月10日、ブログ掲載)



 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO