産地不明 曲がり水晶

小さいものには福がある?





 ファントムごと「ぐにゃり」

石屋さんへ行くと、どうしてもある程度の大きさがある、見栄えのする石に目がいってしまいます。
でも、なかなかどうして小さい石にも面白いヤツがいるものです。

写真の石は、たったの2センチほど、お値段かわいく300円。
そのわりにけっこう技ありです。
産地は不明ですが、たぶんブラジル産。

ご覧の通り、曲がってます。
黒く見えているのは黒いファントムです。
……よーく見ると、
中のファントムも曲がっています

こういう水晶を
「曲がり水晶」と言うそうです。
曲がり水晶誕生のメカニズムはなかなか複雑であるらしく、水晶が成長した晶洞内の二酸化珪素(水晶の素)の濃度差が関係していると言われています。

しかし……せめて5センチ以上くらいあるならともかく、たったの2センチの範囲内の濃度差ってほとんどないのではないでしょうか。
しかも、曲がっている結晶はけっこう斜めに寝そべっていて、隣には曲がっていない5ミリ程度の結晶がちょこん。(これもファントム入り)二つの結晶の高さの差は
「ミリの世界」

いったい、何が片方の結晶を曲げてしまったのでしょう?

実はこの石、1個300円でいくつかころころ売られていました。
見れば、小さくても黒いファントム入り。
「黒いファントムの石も欲しいかも……」とあれこれ選んでいるうちにぐんにゃり曲がったこれを見つけました。

お値段よし、おもしろさよし、珍しさよし……たったひとつ困るのは、あまりに小さいので、無くしそうになること。
そのため、小さい石は100円ショップで買った薬のケース(朝昼晩に分けて一週間分の薬を入れられるケース)に入れています。
この薬のケース、見た目はちょっとなんですが、けっこう重宝します。

(2005年3月29日、ブログ掲載)


 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO