マダガスカル産 フレア・ミルキー・クォーツ

西日をねらえ!

                                        ※下にも2枚写真があります。



西日で写す石。

我が家では、春になり、太陽の高度が高くなり始めると、夕方ごろ、テレビやDVDレコーダーが置いてある棚にも西日が当たるようになってきます。
そうなると私は、時々あやしい行動に出ます。
西日は影がきつく出過ぎるうえ、黄色みを帯びた光で石の色が変わって写ってしまうので、写真を撮るには向かないのですが、この場所、この西日がそろうと「ふふふふふ、イイ光ですねえ〜」と、ある石を持ち出すのです。

その石はパッと見は上の写真のように見えます。
マダガスカル産のミルキー・クォーツです。
ミルキー・クォーツは読んで字の如く乳白色の水晶です。
結晶の形になったものは意外に少なく、ローズクォーツのように塊状の石英として産出することが多いです。

オパールの輝きをまとう石

ミルキー・クォーツは気泡や液胞などのインクルージョンによって白濁して見えるのだと説明されていますが、実は、くわしく見ていくと、少々毛色の違ったものも混じっているようなのです。

マダガスカル産でジラソルと呼ばれる石があります。
ネットで見ていくと「オパール化した水晶」とか、「オパールの成分を含む水晶」という説明を見かけますが、正しくは「オパールのような輝きの水晶」だと思います。

やはり塊状で産出するらしく、見かけるのはタンブルや丸玉などの磨きものです。
パッと見は、ミルキークォーツと見分けが付きませんが、光が当たったところにムーンストーンのようなシラーではない、もっとふわりとした光が浮かぶのが特徴です。
石の向こうが見えないくらい透明度が低くなると、若干黄色み……というかベージュ、あるいはごく淡い飴色を帯びて見える場合もあります。
この輝きの違いが何なのかは、調べてみてもわかりませんでした。

スターが出るものもある

そしてさらにこのジラソルの中にはスター・ローズクォーツのようにスターが出るものもあります。
スター・ローズクォーツのスターは、微細なルチルの針状結晶が規則正しく並ぶことで現れると言われていますが、そうであるならば、スターの出るジラソルにはローズクォーツと同じルチルの結晶が含まれている可能性があるのでしょうか。

そしてジラソルの中の変わりもの……というのもあります。
それが今回の写真の石です。

どんな風に変わりものかというと……
西日に透かすとこんな感じに変身します。



さらに変身!

この石は、フレアー・ミルキー・クォーツという名前で売られていました。
ただし「フレアー……」と検索してもこのサイトくらいしかヒットしないはずです。
他ではシルキー・シーンのミルキークォーツと紹介されているところがありました。
写真で見た限りでは同じ種類の石だと思います。

この石も、ジラソルの特徴である、ぼんやりとした光が浮かびます。
では、スターが出るジラソルなのかというと、それとも違うのです。
なぜならば、この石はスターが別に出ます。
写真に写っているのは、一般にスターと呼ばれる6条の光の筋とは別物で、スターがある一定の場所にしか現れないのに対し、この光は場所を問わず現れます。
そしてよく見ると、内包物に光が反射して、微細な光の粒が筋をつくっているように見えるのです。

そもそもスター・ローズクォーツのスターの光の筋は6本。
これは水晶が6角形に結晶することに関係していて「*」のような形に表れます。
そのため、別名を「アステリズム」といいます。
何かの関係で「×」状にしか見えなかったりしますが、多くて6本です。(ごくまれに12本というのを聞いたことがありますが)
では、もう一枚写真を。



どうしてバレなかったんだろう?

一体何本の光の筋があるでしょう?

ざっとかぞえただけで15本……? あきらかにアステリズムではありません。

この華麗な光の筋を写真に収められるのは強烈な西日に透かした時だけ。
しかもDVDデッキのつや消しプラスチック天板と相性がいいので、DVDデッキの場所に日が差し込むようになると、この丸玉を持ち出すのです。

「こんなミルキークォーツがあったんだ……」と思われた方にちょっと補足を。
「フレアーミルキー・クォーツ」は、細かな光の粒の筋が現れるミルキークォーツ(ジラソル)を指すようです。

実は、もう一つフレアーミルキークォーツの小ぶりな丸玉を持っているのですが、こちらは、光の筋は現れても、スターは出ません。
光の筋も写真の石のようにハデに出ません。石にもいろいろあるようです。

写真の石は、いくつかあった石が売れていき、最後に残った石を、最後のひとつになって初めて手に取り、買いました。
お店の人の話では、一緒にあった石の中で、この石だけがスターが出たのだそうです。
残り物には福がある。
ホントにそんな感じの石だったりします。
でも、こんなにはでにフレアが出るのに、売れていかなかったのは何故だろう……?

(2005年4月26日、ブログ掲載)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO