ブラジル産 ヘマタイト入り水晶

黒い太陽を閉じこめた石






の好きな石は

石の好みは人それぞれ。
透明な水晶が好きな人や、ローズクォーツのようなやさしい色の石が好きな人、石のパワー(バイブレーション、気)に敏感で、感覚で選ぶ人もいます。
私の場合、石の好みはと聞かれたら、
(1)原石が好き
(2)ある程度透明感がある方が好き
(3)変わった形が好き
(4)珍しい石が好き
(5)大きすぎないのがいい
(6)写真に撮りがいのある石が好き

(以上、順不同)
……と答えるでしょう。あるいは、一言にまとめてこんなことを言うかもしれません。

「物語がある石が好き」


ただ、珍しいだけでなく、きれいなだけでなく、そこに「物語性」のある石。
たとえば、写真のヘマタイト入り水晶のような。

ヘマタイトが作る物語

ブラジルのBurmado,Bahia産のこの石は、一応説明するならば、ヘマタイトとレピドクロサイト(またはゲーサイト?)がインクルージョンされた水晶……ということになります。
大きさは、さしわたし6cmほどと大きくなく、しかも、水晶そのものがスモーキーがかっていて透明度もさほど良くないので、普通に見た限りでは、あまり見栄えのしない石……という感じです。
ところが、光に透かせばこの通り!
かなりの密度で入ったレピドクロサイトがまるで炎のように輝き、石の印象は一変します。


黒い太陽

この石を見つけたとき、実は仲間が2つほどあったのですが、そのなかからこの石を選んだのは、写真に写っている、大きいヘマタイト片が決め手でした。
「日蝕みたい」
その印象を撮ったのが右上の写真です。ヘマタイト片の真後ろからペンライトで、直接カメラに写らない角度を探して照らすと、まさしく日蝕。

「黒い太陽を閉じこめた石」

……なんて、ファンタジー小説の一節に出てきそうではありませんか。


(2004年7月12日ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。





 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO