ブラジル産 ローズクォーツ結晶

甘い色の奇跡





 石好きの至福

ちょっと石の話題から遠いところからはじめてしまいますが、私は2003年に中部圏の海辺の(海辺だけれどまわりは山)の田舎から東京(郊外)に越してきました。
いろいろ違うところはありましたが、もっとも歓迎すべき変化は
石の店が多い♪ ことでしょう!

今まではアクセサリーコーナーの片隅のパワーストーンコーナー(タンブルばかり)とか、たまに名古屋に出かけたときに探すとか、ネットの画像にヨダレを垂らすとか、なかなか原石と出会う機会がなくて切ない思いをしていましたが、こちらでは原石さわり放題!

至福です。

喜びの勢いに任せて石屋を渡り歩けば、お店の人と顔見知りになるのも時間の問題。
最初こそ目当ての石を買ってそそくさと店を出ていたのが、しだいに長時間入りびたり、石談義に花を咲かせ、時にはお茶や珈琲などをごちそうになっちゃったりします。
(注:すべてのお店でこんなことをしているわけではありません。念のため)

とにかく、お店の人と仲良くなってしまうと、時にとってもおトクなことがあります。
そんなおトクによって、私の手元にやってきた石がコレ。

 巨大な1.5cm

みごとなローズクォーツの結晶です。ご存じローズクォーツは、通常石英状で採掘され、結晶はごく珍しいものです。
しかるに、この結晶は、ポイントの長さがなんと
1.5cm!
大ぶりな結晶に見えても、先端が透明〜スモーキーだったりするものが多い中で、これは先端までクリアなピンクです。
結晶といっても、柱面が発達していないか、互いにくっつきあっているものが多いので、これだけ単独でポイントを形成しているのは、きっととても珍しいのだと思います。

実はこの石、最初は店の棚には並んでいなかったのです。
石を物色しながら、「珍しい石、ないですかねー」などと雑談をしていたら、出してきて下さったのがこの石。一目でクラッと来ましたが、そのときは取り置き品だと思っていました。

ところが。

「ローズの大きいのが欲しいっていうから探してきたのに、他の石を見てたら、気が変わったって帰っちゃったんだよ」
とお店のご主人。
「すると……、この石は
今、フリーなんですか!?
と私。
「そうだよ、持ってくかい?」
「ぜひとも!」
……というわけで、私はこのローズクォーツを手に入れたのです。

結晶になりにくいローズクォーツがこんな立派な結晶になったのも奇跡なら、それが日本にやってきたのも、探していた人の気が変わっちゃったのも、それを私が見せてもらえたのも奇跡でしょう。

お店のおじさん、ありがとう!

(2004年7月24日、ブログ掲載)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO