マラウィ産 スモーキー・クォーツ

秘密の数





 2004年最後の石

2004年の新宿ショーのうれしい驚きはアフガン・ローズでした。
最終日に手に入れられるとは! とホクホクしましたが、ショーの最後、つまりは2004年最後の石はアフガンローズではありませんでした。
2004年最後の石は、このスモーキーです。
実は、初日に同じ産地で同じくらいの大きさのスモーキーを買ってしまっていたのですが……。

長さ約8センチ、色はご覧の通りのコーヒー色。ちょっとブラウンがかったような色合いです。
濃い割に透明感が高いところも好印象。
最後も最後、4時に会場が閉まる15分くらい前に、「正直ちょっときついんだけど」と言われながらおまけしてもらいました。


 よく見て見ると……

なぜ、そんなにまでしてこの石を買ったのか。
決め手は
です。
これを買えばキリがいい数! なんてのじゃありませんよ。

右下の写真に注目して、ファセット(錐面)の数を数えてみて下さい。
右側に光を反射してちょっと白っぽく見えている2つの菱形の面は錐面ではありません。
結晶の先端を構成している面の数を数えてみると……1、2、3、4、5……
そう、この水晶は
錐面が5つしかない変わり種なのです。

普通の水晶は柱面が6つの6角形で、錐面も6つ。
ところがこの石は、面がひとつどこかに消えてしまっているのです。
時々、錐面がとても小さく細くなっていて、よーく見ないとわかりにくいものがありますが、この石はよーく見てもわかりません。
お店の人も気が付いていませんでした。

 今度こそは……

マラウィの水晶は、一見まっ黒で光に透かすとインク・ブルーというすてきな石を見せていただいて以来気になっていたのです。
さすがにインク・ブルーの石はありませんでしたが、マラウィのスモーキーがこんなにきれいだとはちょっと驚き。
それに加えて5面の変わり水晶と来れば、私にとってはちょっとした掘り出し物です。

で、買ったあとにふと気が付いたら、2003年の池袋ショーでも最後の最後にこの店に飛び込んで、おまけしていただいてました……。
すみません……。2005年こそは、もっと早く来ます。


(2005年1月5日、ブログ掲載)


 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO