中国産 フローライト(水晶母岩)

石の上の実り




 母岩は水晶

IMAGE2006の戦利品。ものは、中国産のフローライト付水晶。
中国で、フローライト付ということは、おそらく湖南省のヤオガンシャン産であろうと思われます。
同じ時にそばに並んでいた石からも間違いはありません。

「……付水晶」とはいっても、肝心の水晶は柱面の一部はあってもトップなく、母岩に徹しています。
そこにうす紫色のフローライトがぽこぽこぽこ。
青のりのようにエピドートが降りかかっていたりします。

ヤオガンシャンという産地は中国の中でも注目株で、フローライト付といいながら、実はフローライトが内包されていたり、フローライトの中にインクルージョンがあったり、意外にいろいろな色のフローライトが産出したり、輝安鉱などの金属鉱物も産出したりと多芸多才。

水晶好き〜、インクルージョン好き〜の私は、ヤオガンシャンの水晶&フローライトの組み合わせを見ると、ついつい「お店の人は気が付いていないけど、フローライトが入っていたりして」と探してしまいます。
マダガスカル産のフローライト入りと違って、ヤオガンシャン産のフローライト入りは透明なものが多いのですが、中には細かな紫色のフローライト入りもあったりします。

写真の石は、残念ながら、フローライト「入り」ではありませんが、同じくらい魅力的。
なぜなら。



フローライトの中に紫色のまあるい模様♪
もしかして、このフローライトは、四角く結晶する前は、紫色の球状フローライトだったのでしょうか。
青のりのようなエピドートと相まって、ちょっとたこ焼きっぽいです……。

2006年11月9日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO