ブラジル産 レピドライト

アメジスト色




 意外に多いぞ

雲母なんて、もろいし、剥がれるし、なんだか取り扱い注意で、いまいち…………なーんて、雲母に対して失礼なセリフを吐いている私ですが、ふと気が付くと、レピドライトが多いです……。

レピドライトには、いかにも雲母っぽく層を重ねたものと、粒状のものが固まった感じで、丸玉やハートなどにカービングされているものがあるようです。
私の手元にあるのは、すべて前者。
「剥がれちゃうんだもん」などといいながら、剥がれるタイプの石を買っちゃうのです。
ごめんなさい、レピドライト。もうぶちぶち文句言いません。

雲母らしい層状レピドライトを選ぶ理由は、透明感。
光に透けて紫ピンクの色合いが浮かび上がる感じがたまりません。
今回の写真の石は、いままでご紹介した、板状の結晶とはちょっと違って、層状ではありますが、小粒な塊がごちゃっと固まった感じ。
色味も紫ピンクというより、やや紫が強めです。

 
アメジスト?

ミネラルショーで、ちょっと遠目から見つけたとき、
「おっ、小粒できれいなアメシスト!」
……と勘違いしたくらいの透明感&輝き。
結晶の形がまったく違うので、間違える方も変ですが。

「あら〜、レピドライトだったのね」とか何とか言いながら、やはりこの色合いと透明感に惹かれて家に連れ帰ってきました。
しかし、そこはそれ雲母でありますから、写真に撮る際にミネラルタックで固定するのは厳禁。
そのため、アングルが限られてしまい、写真に撮るのはちょっと大変でした。

レピドライトは、リチア雲母の和名からもわかるように、リチウムを含む雲母。
水晶にリチウムが内包されると、セピアピンクになるように、この紫ピンクの色合いはリチウムによるものなのでしょうか。

パキスタン・アフガニスタンでは、同じくリチウムを含むエルバイト(リチア電気石)が一緒に産出します。
パキスタン・アフガニスタンのトルマリンは、パステルカラーが特徴で、ふんわりピンクのレピドライトを母岩に、これまたやさしいピンクのトルマリンがくっついているという、なんとも華やかなコンビネーションが楽しめます。

クンツァイトも「リチア輝石」ですから、レピドライトのピンク母岩に、ピンクのエルバイト(トルマリン)、ピンクのクンツァイト、おまけにちょっと渋めのリチウム・クォーツがくっついた、リチウムづくしの共生モノ、どこかに産出しないでしょうか。
見てみたい……。

2006年11月17日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO