(インド)産 ラブラドライト

スタンダード・ブルー




 スタンダードにブルー

珍しいものに弱いのよ〜……と、ピンク・ラブラドライトなどを登場させてしまいましたので、今度はスタンダードにブルー・ラブラドライト。
ブルーのラブラドレッセンスをことさらにブルー・ラブラドライトとは言わないことが、ラブラドライト=ブルーという認識が定着していることをうかがわせます。
さて、ピンク・ラブラドライトのところでブルーの場合はチョイスのハードルが高いと申し上げました。

その条件とは、
○とにかく青くてきれいなもの
○その輝きに透明感があるもの
○石そのものを光に透かすと金色に透けるもの
見かける頻度が多いからこそ、きっちりシビアに選ばせていただきます。
……こんなことを言っているので、我が家にはブルー・ラブラドライトがなかなかやってきてくれません。
「同じラブラドライトなのに、よく見かける色だというだけで差別だ〜」
……と、嫌われているのかも。

そんな中で、(むりやり)我が家に連れて帰ったブルーな奴がコレ。

 それでも2番

真っ青、紺青というより、やや浅めの青〜青緑系ですが、全面にラブラドレッセンスが出ることといい、石そのものが黄色っぽく透けることといい、値段も含めて、私のワガママ条件をかなりの高得点でクリアしてくれた石です。
いや〜、ピンク・紫系に比べて色の鮮やかなこと! 輝きも段違いに強いです。
はた迷惑なワガママ条件をクリアしてやってきてくれた石ですが、残念ながら、我が家のベスト・オブ・ラブラドライトではありません。

今もなおベスト・オブの座に着いているのはこちらの石
並べると、色合いもうり二つと言っていいくらい似ているのですが、KURO的には「わずかに輝きの透明感となめらかさが違う」。
リンク先の下の写真の左側の画像が、かなり雰囲気を伝えています。
さんざん条件を付けたあげくに2番にしちゃう私はワガママ☆

2006年11月24日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO