マダガスカル産 ラブラドライト(紫)

選ぶとしたら。




 ラブラドライトを選ぶとしたら。

ラブラドライトです。
マダガスカル産の、3.5センチほどのタンブル。

最大の魅力は、ご覧の通りの紫のラブラドレッセンス。
むちゃくちゃ写真に撮りにくくて、やっととれたと思ったら実物よりも派手に写ってしまいました。
肉眼では、もうちょっと色が薄いです。

掲示板の方に、ラブラドライトを買うのに何かアドバイスがあれば……という書き込みをいただきましたので、お返事をかねて、ちょこっと思ったことを書いてみようかと思います。

ラブラドライトを買うとしたら。

ラブラドライトには、いろいろな色……というか、現われるラブラドレッセンスには、いろいろな色があります。多いのが、ゴールド〜ちょっとオレンジ系とブルー〜グリーン系。
人気はやはり、ブルー〜グリーン系でしょうか。
ピンクや写真の紫、赤のラブラドレッセンスは比較的少なく、色も暗めになりがちです。
選べるのであれば、やっぱり好みの色を選ぶべきでしょう。

 
形や角度

形も重要です。ほとんどが磨かれて売られているので、形状によってラブラドレッセンスの現れ方が違います。
ラブラドレッセンスを楽しむのであれば、平たい形がいいかも。丸玉のような形は、大きさの割にラブラドレッセンスが現われる割合が少ないような。
全体の形と輝きの現れ方を天秤に掛けて選びましょう。
アクセサリーであれば、その選び方もいっそうシビア。
ペンダントヘッドの場合、身につけた状態でラブラドレッセンスが見えるものを選びたいものです。
時々あるんですよね……ちょっと下からとか、斜めからとか、真正面以外の角度でないと、ラブラドレッセンスが出ないのが。

 
地色はどうする?

ラブラドライトはラブラドレッセンスが命ですが、あの魅力的な光は、光の反射……回折によって現われるので、どうしても光が見えない角度があったりします。
光が現われないラブラドライトの色は、地味……。
こんにゃく色というか、カーキ色の薄いのというか、地の色を美しいとはあまり言えない石が多いです。

写真の石も、光が現れない角度では、地味なこんにゃく色。
しかしながら、地の色まで美しいラブラドライトもあったりします。
美しいものは、透明感のある淡い黄色……金色。
地の色が美しい石は、現われる光にも深みがあるような気がしますが、やはりちょっと高めで、ルースになっている物が多いかも。
あ、地色が白〜半透明の「レインボー・ムーンストーン」も、ラブラドライトの一種ですから、あの地味〜な地色がちょっとね、と言う場合はこちらでもいいかもしれません。

いろいろ書き連ねてみましたが、要は「好みにあった物をどうぞ」ということなんですね。

 
仲間もある

そうそう、ラブラドライトには変わり種もありまして、フィンランドのユレマで採れるラブラドライトは、地色は不透明、普通のラブラドライトより「岩っぽく」ゴツイです。
しかし、そのラブラドレッセンスたるや、まるで金属光沢!
別名をスペクトロライトともいいます。
このごろは、高品質なラブラドライトをスペクトロライトと言っているようですが、個人的にはユレマ産=スペクトロライトですね……。

メキシコには、透明な淡い金色のものがあり、ラブラドレッセンスはあらわれないものの、ラブラドライトの一種で、ゴールデンラブラドライトと呼ばれているようです。
(追記:ゴールデンラブラドライトは、鉱物名をバイトウナイトといい、ラブラドライトとはちょっと成分が異なる長石だそうです)

普通のラブラドライトのように大きく光が現われるのではなく、小さく、モザイク状にちらちら光が現われるものは、「ギャラクシイアイト」と呼ばれていたりしますが、そういう鉱物名があるわけではなく、イメージ的な商品名です。

 
まずは実物・タンブルで

うーん……ファースト・ラブラドライトとして、あえておすすめするとしたら、写真のような形のタンブルでしょうか。
掌にちょうどいい大きさの石であれば、いろいろ動かして、微妙に変わる輝きを堪能することができます。
あまり質の低い物では、ほとんど光が現われない物もあったり、写真では実物よりも派手に写っていたりするので、できれば実物を手にとって、選んでみることをおすすめします。

こちらにも、ラブラドライトを載せているので、よろしけばどうぞー。
我が家のベスト・オブ・ラブラドライト
ピンク・ラブラドライト1号
スペクトロライト
ピンク・ラブラドライト2号
ブルー・ラブラドライト


2007年2月11日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO