パキスタン産 ショール付き水晶

骨太。




 パキスタンのどこ?

パキスタン産の水晶です。
例によって集積地である「ギルギット」と言われ、くわしい産地がわからなかったのですが、ミネラルショーで見るからにそっくりな水晶を発見。そのラベルから、Dassuであろうと思っている石です。
まあ、多少ずれたところで、パキスタン北部であることは確か。

大きさは高さ10センチほど。
色合いは、スモーキーと言うほど濃くはないけれど、透明ではない、やや濃いめクリーム色。
透明度はあまりありません。
その水晶を斜めに貫くのは、写真でおわかりの通りのかなり太いショール。
水晶を貫いた……というより、ショールを芯に水晶が結晶したと言うべきでしょうが、こうやってみる限りはショールが水晶を貫いた……という方がぴったり。
むりやり光に透かすと、ショールが完全に貫通しているようすが、かろうじて見て取れます。
おー、豪快!
……と思っていたら、さらにびっくりすることが。

この石だけがこんな豪快に変なことになっているのではなくて、「串刺しもの」がちょくちょく産出するようなのです。
この石の他にもショール串刺し石を持っていますし、知り合いの石好きさんの所にも、同じ産地でショールに串刺しにされた水晶が……。
そのほか、串刺しには見えなくても、裏返すとショールが芯になっていたり。
ショールがかなり太いのも特徴です。

そのおかげで、何とも堂々たる雰囲気、存在感。
特にどこが整っているというわけではないけれど、細かいことには動じない、肝っ玉の太さ……いや、芯の太さ。これはもう、文字通り「芯」である太いショールの力でしょうか。
一緒にお店にいた石好きさんからも、「これはもう、KUROさんの石だよ〜」と即、太鼓判を押された石でもあります


2007年3月20日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO