スペイン産 フローライト

わちゃわちゃ、わーい♪




 骸晶……とか?

メキシコ産のフローライトです。
一辺1ミリちょっとのキューブ状の結晶がごちゃごちゃごちゃっと固まって、角の部分だけが紫色に染まったかわいい石。
大きくキューブ状に成長するフローライトもあるのに、何故にこんなにごちゃごちゃと。

水晶の結晶について自分なりに調べたところでは、(つまり、勘違いの可能性あり)結晶は、材料となる成分が少ないときは、じっくりゆっくり形の整った結晶に成長し、成分が多くなってくると、結晶の成長速度も速くなり、結晶の角の部分が速く成長して、面の真ん中がへこんだ「骸晶」になる。
さらに成分が多くなると、あっちこっちで一斉に結晶が始まってしまい、たくさんの結晶がごちゃごちゃくっついたような形になる……らしい。

 
楽しいフローライト

水晶ではこんなかんじ(たぶん)だったのだけれど、フローライトでも同じことはおこらないのだろうか。
骸晶のフローライト、つまり、水晶で言うところのスケルタルなフローライトと言えそうなものは見たことがないけれど、今回の写真のような小さな結晶がごちゃごちゃごちゃ……というタイプは、なんだかフローライトの材料となる成分(フッ化カルシウム)が多くてあちこちで一斉に結晶が始まってしまい……という感じに思えます。
なんだかもう、ちっちゃい子供たちが「わーい♪」という感じでわちゃわちゃ団子になったような。

フローライトでキューブ状結晶の集合体というと、建造物をイメージして、シャープな印象があるのですが、小さなキューブが団子状になったこのフローライトだけは、「かわいい」とか「たのしい」とか、そういうにぎやかなイメージがあります。


2007年3月20日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO