ロシア産 カルサイト付きスモーキー

そ、そのマークは!




 初・カルサイト付きロシア石

お久しぶりですのロシア石。
ロシアはウラル山脈、プイバ産のカルサイト付きスモーキークォーツです。

ロシア産の石は、おおざっぱに分けるとウラル産バイカル湖周辺産、そして日本にも近い極東ダルネゴルスク産があります。
中でもウラルで水晶というと、ロシアン・レムリアンが有名(?)ですが、その産地ははっきりしておらず、(ウラル南部といわれていますが、詳しい場所は不明)すでに閉山しているとも言われています。
それに対して、プイバはウラル山脈の比較的北の方。
ウラル山脈最高峰のナロードナヤ山の近く。
最高峰といっても標高は1895メートルと意外に低いです。
「ウラル山脈の2000メートル級の場所から……」という説明を見かけたことがあるのですが、ウラルの最高峰は2000メートルより低いのでご注意を。

プイバ産の水晶は、美しいスモーキーが多いようです。
透明度が高く、表面に細かな雲母か何かが付着して、きらきらラメラメしていたりします。
そんな中でカルサイト付きの水晶は初めて。
ややふっくら「はんぺん」っぽいカルサイトに、透明感の高いスモーキーがくっついています。
白く半透明なカルサイトとスモーキーの取り合わせも美しく、もちろんスモーキーの色合いも抜群です。さらにはロシア産カルサイトも初めてです。

 
こ、このマークは!

見つけたのは、2006年10月に新宿で行われたIMAGE2006。
「おー、いろいろこれは初めて!」と手に取った私は、もう一つの特徴に気がついて、目を丸くしました。
「こ、これは!」

石の向きを変えてみましょう。



おわかりいただけるでしょうか。
カルサイトに浮き出た
あのマーク。
もうちょっとアップにしてみましょう。



 おお!

これって……
まるで、放射線マーク!


ロシレムについて調べていて、各施設の事故に行き当たりましたが、ウラル山脈で、放射線マークというのは、ちょっとしゃれになりません。
何でまたこんなマークが浮かび出るんだか。
自然は不思議がいっぱいです。


2007年4月17日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO