アフガニスタン産 ファントム・クリスタル

方向変換ファントム




よく見ると?

アフガニスタン産のファントム・クォーツです。
あまり透明度がよろしくない、表面あたりがうっすらアメシスト風味にも思える、微妙な色合いの水晶の中に、白いファントム入り。

……が。

よーくご覧ください。なんだか、ファントムの形状が変です。

ファントムは、成長途中の水晶の表面に不純物が付着して、それがそのまま結晶の中に取り込まれ、結晶内部にかつての結晶の形が見えるものです。
結晶の形全体がファントムになっていることもあれば、水晶の成長した向きや、熱水の流れによって、片方向から不純物がくっつき、かつての結晶の形が半分しか見えないファントムもあります。

で、このファントムは、途中からファントムの見え方が変わってます。
わかりやすいように線と色を入れてみました。



おわかりいただけるでしょうか。
最初は青(水色)のようなファントムが形成されていたのに、途中からオレンジ色のような、「半分ファントム」になってしまっています。
おかげで二種類のファントムが重なって、ちょっと変な感じ。

水晶が成長していた熱水の流れに何か変化があったのでしょうか。
地味なようでいて、実は変。
そんな「地味変」な水晶もあります。

2007年8月27日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO