パキスタン産 水晶/アクアマリン

砂糖衣




砂糖衣の甘い石?

まるで母岩の上にグラニュー糖をまぶして、飾りに水晶の結晶をちょこんとくっつけたかのような。
パキスタン産の石です。
一時期の狂乱状態は脱した(たぶん)ものの、まだまだアフガニスタン−パキスタンブームは健在です。

さて、写真の石。見事なまでに細かなドゥルージー状の結晶に覆われ、ざらざら、きらきら。
さながら、砂糖衣
ちょっと白濁気味の水晶も、こんな風に写すと、何となくかわいい感じです。

さて、画像には「Aquamarine/Quartz」と入っております。
アクアマリンはどこでしょう?

ここです↓。




主役はどっち

わかりますか?
なんと、母岩がアクアマリン。
アクアマリン付き水晶ならぬ、水晶付きアクアマリン。

そう来たか! やられた。
やはり地球のやることにはかないません。

ところで、この石について腑に落ちないことが一つ。
この石、半分はグラニュー糖のような小さな水晶の結晶に覆われていて、残る半分はつるつるのアクアマリンの結晶面です。
では、いったいどこで地面に接していたのでしょう?

水晶の成長のようすからして、アクアマリンの面を下にしていたのかと思いましたが、そうすると、アクアマリンの面がつるつるなのは変です。
かといってグラニュー糖状結晶に覆われた部分には、どこかにくっついていた形跡はありません。

アクアマリンの結晶の角の部分に、わずかに欠けている部分があるにはあるんですが、本当に角、わずかな部分です。
その部分だけでこの石全体を支えられるとは思えない……。
実は不思議で、変な石。

2007年9月13日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO