アフガニスタン産 ラピスラズリ

”石”と呼ぶか




今度はカボション

ラピス・ラズリのタンブルです。
以前にも一つ紹介しています。
今回は、パイライトの美しさが秀逸。

何とも写真に撮りにくい、ラピス・ラズリの青に泣かされながら撮りました。
青を写そうとするとパイライトが写らず、石の真ん中にピントを合わせると、ラピス・ラズリの青にならない……。

パイライトは、ラピス・ラズリが天然か練りかを見分ける重要ポイント。
安価な練りにはパイライトは入っていないし、入っていたとしても見るからに不自然です。

このタンブルは、流れるようにバランス良く入るパイライトの輝きが魅力です。
もちろん、色も濃くて文句なし。

アフガニスタン・パキスタンの石(個人的)ブームのおかげで、ラピス・ラズリを見る機会が増えました。
ちゃんと気を付けてみると、ラピス・ラズリといっても実にさまざま。
パイライトと母岩の白が縞模様のようになっているもの。
黒に近く見えるほど色が濃いもの。
明るいけれど、やや色の深みに欠けるもの。
色の深みと、青である鮮やかさを兼ね備えたものは、探し出すと意外にないのです。

特に色が淡くて白っぽく見えるものは「デニム・ラピス」と呼ばれてインディアン・ジュエリーに用いられることもあるようです。
私個人としては、全体的に色が浅いよりも、母岩の中にくっきり青が混ざる方が好みかも。
こちらのロシアン・ラピスラズリなどはその良い例ですね。

さて……今回、しつこく「ラピス・ラズリ」と書いておりますが、最近、
なるべく「ラピス」と略さないように心がけています。
なぜなら
「ラピス」は石「ラズリ」が青という意味なんです。
だから「ラピス」と呼んでしまうと「石」と言っていることに……。
それじゃ、ちょっと悲しいかも、と反省して「ラピス・ラズリ」と呼ぶことにしました。

2007年9月19日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO