南アフリカ産 スギライト(ラフ)

ラヴライト




そっくり!

サツマイモをふかしたら、紫芋が混じっていました。
知らずに割って色にびっくり。
「あ、スギライト色!」

こんなところでも石好き病……(笑)。

今度は、本当のスギライト。
うわー、色が似てる。
『高貴な紫色』『世界三大ヒーリングストーン』……そんなきらびやかな名前が
『紫芋そっくり石』では、一気に庶民感アップ。ついでにヘルシー感もアップ?

こちらでも書きましたが、スギライトの和名は、日本人の名前にちなんで「杉石」
最初に見つかったのは、ウグイス色っぽい緑色
おいしそうな紫芋色……もとい、高貴な(?)ロイヤル・パープルの石ではありませんでした。

南アフリカのスギライトは、マンガンを含むことで紫色になっています。
鉱山の坑道崩落事故で見つかったそうですが、こんな紫色の石……というか岩がいきなり現れたら、びっくりするでしょうねえ……。

さて、タイトルの
ラヴライトは、紫のスギライトの別名です。
日本で見つかった、紫ではないスギライトが、IMA(国際鉱物学連合)によって認定される前に、ラヴライトの名前で売られていたのだそうです。

どうやら、ラベンダーを語源に持つらしいラヴライトは、当然、紫色の石だからこそ、付けられた名前です。
しかし、最初に発見され、新種の鉱物として認められた日本の杉石は、うぐいす色。
「ラヴライトはスギライトの別名です」といってしまうと、ちょっぴり誤解が生じそうです。

改めて。
ラヴライトは「紫色の」スギライトの別名です。
そういうことになりませんか?
ちょっとこだわってみました。

2007年10月4日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO