ブラジル(?)産 小粒アメジスト

小さくても




今度はカボション

小さくてDT(両錐)のアメジスト、たぶんブラジル産です。
たぶんというのは、ブラジル産のアメジストが並ぶ棚に、普通見かけるつくつくタイプのクラスターの間に隠れるようにちょこんと転がっていたからです。

ブラジル産の棚にあったわりに、ブラジル産っぽくない。
どちらかといえば、カザフスタン産のアメジストに似ています。
しかし、そのお店にカザフ産のアメジストはおいていませんでした。

小さくてもしっかり紫色で、DTで、ころんとしてかわいらしかったので、つくつくタイプのアメジストといっしょにレジに持って行ったら、あまりの小ささに「おまけにしときますね」と言っていただいた石です。(値段も付いていませんでした)

思わずつっこみしてしまった「クリスタル&癒しの石」のアメジスト・ファントムのページに出ていた写真の石に似ていると思うのですが、これは先端が紫になっているだけで、ファントムではありません。

小さいけれど、慎重に光の加減を調節して写真にとってみたら、やっぱり美しい。
日頃、「珍しい」とか「なにやらすごいらしい」という石そのものではないところの価値観とは、全く無縁だとは言えない状態にある中で、「これはきれいだ!」
と心の底から思える瞬間というのは、やはり心が躍ります。

2007年10月15日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO