コンゴ産 バライト

一言では言えない




初・バライト

バライトです。
和名は重晶石。こんなにはかなげな色で光に透ける石なのに、和名の通りにずっしり重い鉱物です。

バライトは、色も、結晶の形も種類豊富で、バライトだけをコレクションする人もいるそうですが、我が家のバライトは、たぶんこれ一つ。
たぶんというのは同じ石に対して、バライトとアポフィライトの2つの説がある石があるからです。

色と形がきれいというのは、石好きに対しては高ポイントですが、モース硬度が3〜3.5と、カルサイト並みに柔らかいのはちょっと残念。
水晶やカルサイト、フローライトほどには見かける機会もないので、そういう点で我が家では少数派になってしまうようです。

さて、私がこのバライトを買ったのは、
一にも二にも「青くてきれいだったから」。
どっちかというとバライトだからというより、青くてきれいな石だから買っちゃった、というのが真相です。

この青の色の原因は、銅。
産地はコンゴ。

コンゴで、銅。

コンゴといえばマラカイトの産地。
マラカイトは銅の鉱物。

なるほど、なるほど。
単純なことですが、銅をキーワードにちゃんと産地とつながったので、思わず納得、感心。

最後に。バライトの綴りは「Barite]で覚えていたのですが、調べていたら「Baryte」もあるようです。

2007年10月26日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO