ブラジル産 ルチル入り水晶

ウニ・ルチル



ウニだ!

前回の(たぶん)針鉄鉱入りアメジストに「ウニ」というコメントをいただいたので、ウニつながりでこの石。
前回石よりいっそう「ウニ」だと思っています。

産地はブラジル。
4センチくらいのポリッシュ・ポイントです。
内部にベージュ〜茶色のガーデン・ファントムを内包しています。
明確に結晶の形ではないファントムなので、ちょっとわかりにくいのですが、実物をじっくり見れば、ちゃんとファントム。

さて、「ウニ」が見えますか?

アップにしてみます。




まるで海の中の岩礁の上に生息するウニのような、球状ルチル!
これぞ、ウニ!
ガーデン部分ととけこむような茶色っぽい色なので、目立たないのがちょっぴり残念ですが、ウニですよ、ウニ。
針状結晶を見ると、昨日、ルチルの条件としてあげた表面の銀色光沢がしっかり確認できるので、KURO的にはルチル間違いなしと見ています。

アップ写真で写したのは、一番大きくて「群れている」ウニ部分。
全体ではもっと小さなウニたちが複数確認できます。
なんてウニ豊作な水晶なんでしょうか(笑)。

ルチルは、実にさまざまな内包状態がありますが、
じっくり見ると「ルチルらしい」内包パターンがあるのもので、それが何となくわかるようになると、ルチルを見る楽しみが増えます。
一見ルチルではないように見えて、さまざまな特徴に照らして判断するとどうやらこれもルチル……。
そんな変なルチルを見つけると、「やるじゃん、ルチル!」とルチルのおもしろさに惚れ直し。

私の頭の中ではルチル=金色ではなくて、ルチルは内包物の中のスター!
同じ鉱物が、水晶の中ではなぜに色も形も、あんなに個性的な表情を見せるのか。そんな不思議も魅力です。

2007年10月31日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO