ブラジル産 ピンタード

ナマズ水晶?




「ナマズのことなんですよ」

I
水晶です。ブラジル産です。
お店では「ピンタード」という名前で売られていました。
ピンタード? 聞いたことがない名前です。
産地でしょうか。それとも何か別のものを現す名前なのでしょうか。
いったいこれは? とお店の人に聞いたところ、返事は意外なものでした。
「ピンタードは、なまずのことなんですよ」

なまず!? つまり、
なまず水晶?
いったいこれのどこが。
長さは4.5センチほど。細くて透明です。
特徴といえば、写真にも写っている、緑色の……おそらくは緑泥であろうと思われる内包物。
緑泥入りの水晶は、珍しいものではありませんが、緑の部分が斑点というか、輪っか状に内包されているところが、ちょっと変わっていると言えば変わっています。
この部分は、何か透明のもこもこしたものの表面を緑泥(たぶん)が覆い、それが斑点のような輪っかのような感じに見えているようです。

「透明なもこもこしたもの」と書きましたが、その部分が別の鉱物になっているようではなく、水晶だと思うので、ちょっと不思議な内包状態です。
一緒に並んでいた水晶はすべてこぶりで、それぞれ差はあれど同じような内包物を持っていたので、これが「ピンタード」である所以であろうと思われます。

だけど、
なまず?
なまずのような濃いグレーであるとか、ひげのような内包物があるとか、そういう特徴であれば、「うん、これはなまずかも」と思えるでしょうが、緑の輪っか斑点模様がナマズ?

家に帰って「ピンタード、なまず」で検索してみたところ、謎が判明。
ピンタードとは、派手な斑点模様を持つナマズの一種のことでした。
確かに斑点模様つながりですが、ちょっと名前負けしているかも。
もしかしたら、どこかに現物のピンタード(なまず)ばりの 斑点模様水晶があるかもしれません。

ブラジルには、実にさまざまな水晶が産出し、中にはわずかに産出したのみで、ほとんど知られることなく絶産してしまうものもあると聞きます。
聞くところによると、ローズクォーツの単結晶が出たことがあるのだそうで、それを眼にする機会がなかった私には、悔しい限りです。
ローズクォーツといえば、小さな結晶の塊がほとんどです。
それが「単結晶」といえるほどの大きな結晶が出たというのですから。うーん。

さて、話をなまず水晶にもどしましょう。
産地についても聞いてみたところ、「ファゼンダ・デ・バタタウ」と教えてもらいましたが、綴りがわからなかったのでこれも検索。
結果……不明。ファゼンダというのは「大農場」という意味のようなのですが。
バナナのプランテーションで見つかったと言う水晶もあるので、もしかしてどこかの農場の敷地内で採れたもの?

※追記
ピンタードはナマズのことではなく、スポット模様のこと、あるいは英語の「ペイント」に当たる言葉でした。
おそらく派手なスポット模様のナマズに「描いたみたいな模様!」ということでピンタードと名付けたのでしょう。
ナマズじゃなくてほっとしたような、残念なような……

2007年11月17日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO