アフガニスタン産 スポデューメン


カラーレス




吾輩はスポデューメンである。別名はまだない。

リチア輝石(スポデューメン)です。
……というよりも、無色透明のクンツァイト、といった方が「ああ!」と頷いていただける確率も上がりそうな気もするのですが、スポデューメンです。

スポデューメンの中で、
ピンク〜紫色のをクンツァイト、
黄緑〜緑のものをヒッデナイト、
黄色のものをトリフェーン(トライフェーン)

と呼びます。
無色透明のものには、特に付けられた名前がないようなので、スポデューメン(リチア輝石)。

カラーレス・クンツァイトとか言ったりするのは、「無色透明のアメジスト」と言われているような気がするので、どうにも落ち着きません。

先だっての石探横町では、クンツァイトのブレスレットを尋ねたり探したりしている場面に何回か出会いました。
人気なんでしょうか。
確かに、ローズクォーツのピンクよりも透明度が高く、紫がかった色合いは、きらびやかでかわいらしくありながら、大人のピンク……といえるかも。

しかしながら、私個人としては光による退色の可能性だけで却下。
原石でさえ、退色して悔しいようなものは買えません。
だから持っているのは小さいものだけです。

その点、カラーレスならば退色の心配もご無用。
写真の一も、実は2センチほどと小さいのですが、 複雑な形状の先端を持つ、無傷の結晶形が自慢です。
ほんのりクリーム色がかっているようにも見える、あたたかみのある透明は、光に映えて美しく形を浮かび上がらせます。

以前は、結晶の先端があるスポヂューメンは、ほとんど見かけたことがなかったのですが、アフガニスタン・パキスタンものが手に入る機会が増えたことで、ダメージのないスポデューメンを見る機会が増えました。
スポヂューメンの輝きと透明感は、なかなか良いと思うので、退色の心配がない透明なものや、クンツァイトやヒッデナイトに比べると色が安定しているというトリフェーン(黄色)で、 しっかりした大きさの石が欲しいところですが、唯一の欠点は、大きさの割りに高いこと。
しばらくは写真で拡大して楽しむことにしましょう。


2007年11月25日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO