中国産 タール入り黒水晶

内包された黒




黒にもいろいろありまして。

ガネーシュヒマールの黒い水晶のところで、包物でまっ黒になっている水晶をモリオンと言うべきか
……と悩んでいたのですが、実はガネーシュヒマールの黒以外にも、内包物のために黒くなっている水晶があります。
お店の人は「ブラックハーキマー」と呼んでいましたが、ご存じのように、「ハーキマー・ダイヤモンド」と呼ばれる水晶は、アメリカ、ニューヨーク州のハーキマー地区で産出する輝きの強い水晶のことです。

そのほとんどがDT(両錐)型なのは写真の石と同じですが、ハーキマー・ダイヤモンドは比較的柱面が短く、ころんとした形をしています。
それに比べて写真の水晶は柱面がしっかりあり、何より産地が中国なので、
明らかにハーキマーではありません

(ときどき、透明な水晶を小さなDTに削ったものがハーキマーとか、ハーキマー・タイプという名称で売られていますが、もちろん、ハーキマー・ダイヤモンドではありません)

写真の水晶をまっ黒にしているものや、ハーキマー・ダイヤモンドに見られる黒いインクルージョンは、タールです。
トルマリンであると紹介されている場合もありますが、タールが正しいようです。
見た目もトルマリンぽくはありません。



お仲間紹介

こちらの写真の石も同じ産地の石ですが、水晶そのものが透明であること、黒いインクルージョンがファントムを形作っていたり(左)、塊状で(右)トルマリンらしくないことがおわかりいただけるかと思います。

つまり、最初の写真の石は、タールがたくさん入ってまっ黒に見えるのです。
ところどころが透明に透け、黒の原因がインクルージョンであることが明らかなせいか、この石に関しては「モリオンと言うべきか否か」とは悩みません。
「黒いけどモリオンじゃないね」と即答します。
やはり、モリオンは水晶そのものの色でまっ黒でなければ……。
なのに、ガネーシュの黒はモリオンかもと思いたくなるのはひいきでしょうか。

ちなみに、ハーキマー・ダイヤモンドが産出する地層は、かつて海であったことから、石に含まれるタールは海藻由来のものであると言われているそうです。

(2005年5月21日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO