ロシア産 ショール入り緑水晶

極東の芋けんぴ




ナイスなタイトル

今回のナイスなタイトルは、石の師匠とも仰ぐ、いつもお世話になっている方からいただきました。
最初は「極北の〜」だったのですけれど、産地がダルネゴルスクなので、「極東」とさせていただきます。
ロシアはダルネゴルスクの緑水晶です。
2005年の新宿ショーの戦利品のひとつです。
初日、真っ先に駆けつけたおなじみのブースで一度はチョイスしたのですけれど、その後、ちょっと大ぶりな石に目移りして、一度は棚に戻したのですが、
「これ、いいんじゃない?」
という他の石好きさんのお言葉に
「そぉ?」
と、ころりと乗せられ、追加で買ってしまった、まさに私が懲りない石好き、特にロシア石好きであることを証明するような石であります。

さすがダルネゴルスク!

大きく写っていますが、実際の大きさは長さ5.5センチ、太さはちょうど1センチほど。
深緑と言うよりは、若干褐色がかったカーキ色。表面はややマットです。

ダルネゴルスク産の水晶といえば、「これ……水晶?」と疑いたくなるほどの個性的な形が特徴ですが、この石は素直にまっすぐ六角柱。
ポイント部分は6つの面がきれいに1点に集まるジェネレーター型。
もう片方も不完全ながらポイントになっていて、ほぼDT。
ですが、やはりロシア産。しかもダルネゴルスク。
ちゃぁんとひねりが入っております

写真にも写っておりますように、ショール(黒いトルマリン)とおぼしき結晶がざくざく刺さってます。
一部は結晶表面にくっついていますが、大部分は結晶の中。
あちこちいろんなところから先端が顔を出し、そのさまは、まるでごま付き芋けんぴ

しかも光に透かすとなんとか半透明に透けて、ランダムに刺さったショールのようすを見ることができます。
シックな色合い。端正に整った形。ちょうど小指ほどの小さな石なのに、存在感抜群!
しかも内部ではショールのアクロバット。
もろ好みです♪


(2005年6月9日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO