マラウィ産 エジリン付スモーキー

……溶けてる?




第3のマラウィ

2004年末の池袋ショーでやってきたマラウィ産のスモーキーです。
あれ、前にも登場してなかったっけか、と思われたあなた、たいへん記憶力がよろしい! うらやましい!
そうです。マラウィのスモーキーは、過去に2つ、登場しています。
一つ目はこちら、二つ目はこちらです。
マラウィという国については、2つ目のところでくわしく述べているので、ここでは省きます。

一つ目のマラウィは、ファセット(錐面)が5つしかない変わり種、二つ目は、スモーキーの上を透明な水晶が覆った、色合いの美しいもの。
そしてこの三つ目は、マラウィの特産であるエジリンを肩に担いだ水晶です。
ご覧の通り、斜めに白濁した筋……というか亀裂が走っているので、他の2つのような透明感は望めません。
2004年末〜2005年はじめごろにかけて、マラウィ産のスモーキーを見る機会が何度かあったのですが、どちらかというと、こういう亀裂が走っていたり、内包物があったりで、さほど透明感がないものも多かったように思います。

やっぱり変わっている

ファセット5面の水晶は、かなりねじれが入っていると言われたのですが、この亀裂を見るに、今回のスモーキーも、成長の途中でかなりの力を受けたのではないでしょうか。
そもそもマラウィは今も大地が引き裂かれている現場……アフリカ南部の大地溝帯にある国ですから、この石の傷も、地球の蠢きによるものかも……と想像はふくらみます。

そしてやはり、この石にも変わったところがひとつ。
根本です。
この石はDTではなく、根本はポイントを形成していません。セルフヒールドでもありません。
では、一般に見るように折れている状態なのか……?
それも違います。

どっちかというと……溶けてます
写真の右側を見て下さい。なかなか写しにくくて困るのですが、妙になめらかなのがおわかりいただけるでしょうか。
でこぼこしているので、研磨したのではないことは確かです。
ちょうど、折れた断面を火であぶって軽く溶けてなめらかになった……という、そんな感じ。
火であぶったくらいで水晶が溶けるわけがありませんが、指でさわっても、つるつるなめらかなのです。
さすが、マラウィ。一見地味でも、ちゃんと不思議を抱えています


(2005年6月11日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO