ネパール産 先細りヒマラヤ水晶

これがはじまり




とんがり1号

実はこの石、ラベルが付いていなくて、あとでお店の人に産地を教えていただいたのですが、「あの黄色いのはガネーシュヒマール、緑のは『Sanksuausafa』」だと言うのです。
ところが、この方からいただいた緑の水晶は2つ。
この石は、形からしてガネーシュ・ヒマール産だと思うのですが、もしかしたら『Sanksuausafa』かもしれません。この地名、チベットのものらしいのですが、何と読むのか、どこにあるのか、はたまた綴りが正しいのかも謎。さてはここかと心当たりの方がおられましたら、ご一報下さいませ。

写真はひとつの石の三面図風に合成してみました。
昨日のトンガリ水晶たちが、根本の方にやや丸みを持っていたのに対し、こちらはどこをとってもビシバシとまっすぐ。後輩とんがり水晶よりも急角度のとがり具合です。
芯は透明なようですが、表面から中くらいまでは緑泥たっぷり……よりも水晶をつなぎに緑泥を固めた感じ。

当時、ヒマラヤ水晶ビギナーだったのに、黄色いヒマラヤ水晶を見せてもらったあとでこの石を見せられ、「こ、これもいいですね〜!」と、とびついてしまいました。
たぶん、他ならぬその瞬間に、『緑泥たっぷりとんがり水晶好き』が決定されたのだと思います。

(2005年7月12日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO