産地不明 カイヤナイト・ビーズ

そう来たか!





直接……!

ビーズネタでもうひとつ。
アクセサリに加工されることはさほど珍しい石ではありませんが、これを見たときはちょっとびっくり。
カイヤナイトです。
丸とか、オーバル型やスクエア型ののビーズになったのは見たことがあります。
シルバーの枠にはめられたのも時折見かけますね。

しかるにこれは。
ラフカットのカイヤナイトに直接穴を開けてます。
そうきたか! ……というか、そうやるか?
と、思わずツッコミを入れたくなりました。

ビーズも侮れない

いやあ、大胆。
思わず買ってしまいました。
黒いインクルージョンが入っているので、宝石質の美しさとはいきませんが、原石で持っているカイヤナイトよりも透明度が高く、ビーズで連売りされている一般的なカイヤナイトよりはだんぜん色がきれいです。
大きさは2センチほど。ビーズというよりも、ペンダントヘッドかも知れません。
もっと大きなものもあったのですが、ラフカットで大きな石を首からぶら下げるのも何なので、色と透明度を重視して選んでみました。

ナチュラルにヘンプを通してみましょうか。
とれとも、ビーズで金具部分を作ってみましょうか。
いろんなビーズがあるものです。

(2005年8月10日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO