中国産 フローライト付水晶

水晶と蛍石の新しい現場




頼りになるか、中国産。

水晶も好き、フローライトも好き。
そんな石好きさんにとって、「フローライト付水晶」は、うれしい一品ではないでしょうか。
あこがれの品は、アルプスのピンクフローライト付スモーキーですが、これは、美しさに正比例したお値段がネックで、なかなか我が家にはやってきてくれません。
それに、人気の石がそろい踏みしているせいか、他の産地のフローライト付水晶も、案外、勇気の要るお値段だったりします。

そんなとき、頼りになるのが中国。
以前にアップルグリーンのフローライトをご紹介しましたが、その産地である湖南省(Hunan)の揺崗仙(Yaoganxian)というところから、フローライト付水晶が出ます。
もちろん、グレードもさまざまですが、手の届く価格帯に、なかなかよい石があるのがうれしいところです。


今後が楽しみ

写真の石は3センチたらずの小さな水晶に、紫がかったフローライトがバランス良くくっついています。
フローライトの結晶の形がもうちょっとはっきりしていれば……と、思わないでもありませんが、フローライトの色合いや、エピドートらしき緑をともなっているところがかわいらしく、水晶にファントムが入っているあたりが心憎いです。

そのうえ、この産地からはなんと、最近話題になったマダガスカルと同じフローライト入り水晶が出ます。
フローライト入り……と言っても、水晶の表面に近いあたりに、ほとんど透明で小さいフローライトが、
わかりにくく入っているのしか見たことがありませんが、揺崗仙からは色の付いたフローライトも出ますし、何より中国ですから(?)、今後マダガスカルばりのフローライト入りが出てきても驚きません。


(2005年8月27日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。
湖南省の位置はここ↓




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO