ブラジル産 ルチル結晶

金「紅」石の正体




赤くないけど金「紅」石?

水晶のインクルージョンとしておなじみのものといえば、ルチル。
和名では
「金紅石」といいます。
しかし、水晶の中に入っているルチルは、金色だったり、銀色だったり、黒だったり。
もちろん赤もありますが、どちらかというと他の色の方が多いのではないでしょうか。

じゃあ、なぜ
なのか。

理由は簡単。ルチル単体の結晶は、写真のような石だからです。
光を反射させると銀〜黒っぽい金属光沢を見せるのに、光に透かすと、とても豊かな赤い色を見せるのです。
ただし、大きめの結晶になると光を透さなくなるので、小さな結晶でなければこの赤は見にくいです。
こんなきれいな赤い石が、何故金色になったり、銀色になったりするのでしょう。
不思議です。

ルチルじゃないけどルチル?

さて、ルチルを内包する水晶を針入り水晶と言いますが、時には、針状の内包物ならば何でもかんでもルチルと呼んでしまう場合があります。

緑色ならば、アクチノライトの場合もありますが、一番間違えやすいのはトルマリンだと思います。
「青ルチル」と記されているものはインディコライト(青いトルマリン)入りでしょうし、「ススキ入り」と呼ばれる金色のような茶色のような色合いの針状の内包物は、ドラバイトである場合があります。(ヒマラヤ水晶で「ルチル入り」と紹介したものの中にはドラバイトも混じっているかも知れません)

本物の黒ルチルを見分ける方法

ところで、私はブラックルチルと呼ばれるものはショールトルマリンのインクルージョンだと思っていたのですが、このたび、ブラックルチルもあるのだという話を聞きました。
数は少ないものの、ルチルで黒く見えるものもあるのだというのです。

珍しいと聞いたからには見てみたい。
見分け方も聞いてみました。
すべての針がまっ黒でまっすぐであればトルマリン(ショール)である場合が多く、金属光沢が見えて、曲がっている針が混じる場合はルチルである場合が多いというのです。

なるほど。
ルチル(インクルージョン)ではウェーブしているものもありますが、曲がったトルマリンというのは見かけません。

うちにもいた!

なるほどなるほどと感心しながら、家の水晶を見て、再びびっくり。
以前トルマリン入り水晶として登場した石なのですが、そういえば、黒というよりガンメタル色だったなあ……と見てみたら。

曲がった針が入ってる!
もしかして、これが
ブラックルチル

2005年9月25日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO