アーカンソー産 ワーベライト

もこもこなのに星?




名前はロマンチック

今回のネタ石は、銀星石。別名をWabellite(ワーベライト)ともいいいます。
ワーベライトは人名にちなむそうですが、それに比べ銀星石という名前のなんてロマンチックなこと!
ただし、実物を見ずに、名前だけを見て「うっとり〜」なんて思っていると、ちょっとがっくりくるかも知れません。
なぜならば、最近出回っている銀星石は、つぶつぶもこもこ……見ようによっては●ビっぽくも見えたりする、写真のような石だからです。
色は淡い黄緑色から、もっと鯉緑っぽいものまでいろいろあり、粒の大きさもさまざまです(あまり巨大なものはありません)。

タイミングが誤解のもと

こんなもこもこ石のどこが銀星なんだ! ……と思っていたら、こんなお話がありました。
この石が日本に紹介された当初、出回っていた標本は、母岩の表面に放射状に広がった銀色の結晶が薄くくっついているタイプだったそうなのです。
こちらのサイト様に、なるほど、星に見えるかもという標本があります。)
その標本を見て着けられた名前が、今は少々誤解の元になっている……というわけです。

モコモコタイプの結晶も、断面を見ると放射状になっているのが見えるので、何となく様子がわかるかもしれません。
和名を見て勝手な想像をしなければ、モコモコしていてかわいらしい感じに見えなくもないのですが。
「銀星石」で検索すると、いろいろなタイプの結晶を見ることができるので、面白いです。


2005年9月24日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO