マダガスカル産 キャンドル・クォーツ

スタンダード・キャンドル





初・キャンドル

覚悟はしていたものの、覚悟以上に原石(磨きではないナチュラル)が少なかったIMAGE2005。
アート&ジェム展なのでしかたがないですが、それでも会場をぐるぐるぐるぐる歩き回り、いくつかゲットした原石戦利品の一つが写真の石です。

おわかりの通り、マダガスカルのキャンドルクォーツです。
掌にころりと収まるほどよい大きさで、キャンドルのキャンドルたるべき「溶けた蝋」の部分もバランスがよく、クラスターから分離した部分もきれいに剥がれているので、形は完璧。
表面はおそらくカルサイトだろうと思われる、ちょっと粉っぽいもので覆われていて、部分的にピンクに色づいています。

そのため、表面には照りはなく、つや消しですが、カルサイトが表面を覆っていなくても、キャンドルクォーツは、不透明なことが多いので、問題はありません。
それどころか、表面がつや消しで色づいているおかげで、複雑な面がきれいに見えて写真写りも良くなります。
表面つや消しは、好みが分かれますが、酸によるクリーニングを受けていない、よりナチュラルな石である証拠にもなります。

実は、スタンダードなキャンドル・クォーツはこれが初めて。
なかなかの器量よしを手にすることができてラッキー♪
これが1000円というのは、ミネラルショーならではの醍醐味です。


キャンドル・クォーツがなぜこういう形になったのか……についてはこちらで推理してみました



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO