ネパール産 ヒマラヤ水晶

見えるぞ、見えるぞ






「……」が似合う、妙な石。

一見、らしくありませんが、ガネーシュ・ヒマール産の水晶です。
ぶっかき氷のようにも見えますが、割れているのではなくてこういう形に結晶しています。
斜めにばっさりひびが入っているようにも見えますが、くっついてます。
色は白濁し、形はぶっかき氷風の塊からぴょこんと小さな結晶が突きだした、ご覧の通りの何とも言えない妙な形

「美しい」というにも難があり、「変」というにも、なんとも説明の付けようがない、「…………」という三点リーダーが似合う石。
だけれども、なんとなーく気になって家に連れ帰ってしまったのです。

売り出し現場にて

ところで、ちょっと面白いエピソードがあります。
この石は今年(2005年)に年初めてヒマラヤ水晶を大量入荷した某店で買いました。
発売日にはかなりの人が来店し、それぞれの観点で心惹かれる石をチョイスし、籠に入れていました。
籠に入れれば一応キープということで、ひとわたり石を見て手元にキープすると、今度はお互いの石を見比べあったりするわけです。
そんなとき、顔見知りの石好きさんがこの石を見て一言。

「袈裟を着たお坊さんが見える」

お坊さん?
レムリアンシードには、レムリア人の魂が入っていたりするそうだから、この石にはネパールのお坊さんの魂がはいっていたりするのかしらん?
だったら、私には見えないなー……などと、そのときは考えていたのですが。

撮ってみたら!

家に帰り、例によって撮影です。
ちょっと厳しく言えば、見栄えのしない冴えない石のはずが、見ようによっては案外カッコイイかも(上の写真)などと、いろいろな角度にひねくりまわし、カメラを向けて撮った写真をパソコンで補正していたら……。

「見える!」
確かに、人の姿に見える。

これはオドロキ!

そのオドロキを以下のように表してみました


どうでしょう!
肩越しにこちらを振り向いた人の姿に見えませんか?
振り向いた顔の表情までも見えてます。(わかりやすく線を入れてみました)

いったん見えるとなると、違う角度でも人の姿に見えてきます。
上の写真は、画面右方向を向いて、胸の前で合掌している人を、やや後ろから見た感じ……に見えるんですが。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO