マダガスカル産 タンジェリン・クォーツ


夕暮れ色





石の魅力は値段じゃない……(はず)

マダガスカル産のタンジェリンクォーツです。
ブラジル産のオレンジ色のタンジェリンクォーツとくらべると、ちょっとピンクがかっている、やさしい色合いです。

要するに「鉄さび」水晶なのですが、光に透かせば美人度アップ。
微妙な色合いが、秋の夕暮れを連想させます。
表面が磨りガラスっぽく、角がややこすれた感じなので、さらに柔らかで素朴なイメージに。

いわゆる天然コーティングの石であるため、色づいているのは表面だけ。
そのため、酸で処理をしたり、磨いたり、ビーズなどに加工すれば消えてしまいます。
いわば、天然の状態での見える色。天然の状態であることの証でもあります。

大きな石や、珍しい石ももちろん魅力的ではありますが、この石のように、箱にたくさん入れられているような小さくて手軽な石でも、それに劣らず魅力的です。

石が好きになり始めたころ、本に書かれていることや、お店の説明ばかりに目がいってしまい、値段=石の魅力と勘違いしかけていたことがありました。
石をたくさん見ているお店のオーナーにチョイスされた石は、選ばれるにたるクォリティや希少性を備えていて、それが値段に反映されているわけで、「おおっ」と思う石が多いのも確かですが、石の魅力は値段ではなく、人に教えてもらうものでもないと思います。
……そう言い聞かせていないと、やばいです、私。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO