ブラジル産 ルチル丸玉

石の中の金色の野




球体という形

ルチルびっしりスフィアです。
大きさも昨日の丸玉と同じ、直径約3.5センチ。
金色……それも金属光沢の金色というよりは、黄金の稲穂、あるいは金色の海のような小麦のような金色。

このような丸玉でも、写真を撮るには難物です。
実はカメラのレンズが写り込んでいるのですけれど、バレているでしょうか?

丸玉という形は、他のどんな形よりも贅沢で、シンプルで、豊かな形だと思います。

星の形は丸く、「生物圏」を表す言葉は
「Biosphere」
そのことを考えると、丸玉の形はさらに意味深く思われます。

球(丸玉)は、星と命の形代(かたしろ)。

そんな風に考えてみたくなります。

2005年12月2日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO