パキスタン産 ガーネット付きアクアマリン

水と炎





水晶はなかったけど

2005年の池袋ショーは、水晶がいまいちでした。(まったく買わなかったわけではないのですが)
その代わり……というか、いつもは買わないのに、今回は買ってしまった石があります。

アクアマリンです。

名前の通りの美しい水色の石は美しく、十分私の心にヒットするはずが、なぜかさほど縁がありませんでした。
その理由はと言えば、
●形が整いすぎ(……と思っていました)
●けっこう高い
というもの。

お店の隅でお宝探し

ところが、単価の高さはそのままながら、今回は小粒な品が多く、手の届くところまで下りてきてくれたような気がします。
複数個(ただし、小さいもの)やってきたアクアマリンの中で、見つけてにんまりしてしまったのはコレ。
パキスタンはギルギット産のショール&ガーネット付アクアマリンです。
ガーネット付なんて初めて見ました!
1.2センチという小ささのおかげで、1000円という信じられない値段でゲット。
ごく淡い水色に少し付着している白い母岩、黒いショール、濃い赤のガーネットがなかなかきれいです。

並んでいたのは、パキスタンやアフガン産のアクアマリンやラピス・ラズリ、エメラルド、雲母が区別なく雑多に並べられたところでした。
こういうところこそ、探し甲斐があるというものです。
大きすぎてとてもとても手が出る物ではありませんでしたが、アクアマリンとモルガナイトが一緒にくっついたクラスターもありました。

アクアマリンブーム到来か?

アクアマリンは、エメラルドなどと同じベリルの仲間です。
淡い青は微量の鉄イオンによるもので、淡い水色から、濃い青、緑が強く出た青までさまざまな色があります。ショーの会場では、塊状のアクアマリンで、まるでクローライト入りの石英のような緑色のものがあってびっくり。

こうして見ると、アクアマリンって、なかなかいいじゃありませんか!

2005年12月20日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO