中国産 マーリン・クリスタル

偉大なる魔法使い





魔法使い水晶?

マーリン・クリスタルと呼ばれる水晶があります。
検索しても、あまりヒットしないので、クリスタル用語としては、マイナーなのかも知れません。
どういう水晶かと言えば、「ファセット(錐面)の6面がほぼ等しく均整がとれた大きさで、かつ、1点で交わっているもの」なのだそうです。
瞑想や、チャネリングに適した、パワーのある石だと言うことですが、私には、よくわからないので、とにかく、特別に名前が付くくらい意外に珍しい形なのだ、と言うことで話を進めましょう(笑)。

錐面がすべてほぼ同じ大きさの三角形で、しかも1点で交わっている。
それくらい、あるだろうと思われるかもしれませんが、探してみると、なかなか見つからないのです。
(もちろん原石の状態で。磨いて整えたものは含みません)
錐面の一つが、アンバランスに大きかったり、バランスが良さそうに見えても、よく見ると大きな面と小さな面が交互に並んでいて1点で交わっていなかったり。
いい線をいってる……と思ったら、他の結晶と接触していて、面の形がいびつだったり。

灯台もと暗し

以前教えていただいたところによると、マーリン・クリスタルと呼ばれる結晶になるには、晶洞の中で垂直方向に育ち、かつ、ドフィーネ式双晶やブラジル式双晶と呼ばれる、一つの結晶でありながら実は二つの結晶が貫入しあっているという特別な結晶になっている……という、いくつかの条件を満たしていなければならないらしいのです。
そんな難しそうな水晶、あるのかねえ……と思っていたら……

いました。

右側の画像を見ていただければ、条件を満たしているのがおわかりいただけるでしょうか。
しかも、DTで両方とも。

ミスマッチ?

おお、すごいじゃん。……と、思わず自画自賛(笑)。
といいますのも、この石、まるでオブラートで一皮包んだような、一風変わった質感(もしかしたら、全体がファントムなのかも)と、柱面に、他の水晶との接触痕とは思えない、妙な切れ込みがあるところに引かれて買ったもので、以前、シード・クリスタルをご紹介した時にチェックするまで、気が付いておりませんでした。
盲点でした。

補足すれば、この石は中国産。
このほかにも、中国産のDT水晶には、かなりマーリンに近いものがあったので、探せば見つかるかもしれません。
ただ、マーリンと言えば、アーサー王を王座に導いた、偉大な魔法使いのこと。
中国産で、魔法使いの名前を持つ石……ちょっとミスマッチ?

2006年1月6日、ブログ掲載

写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO